若宮八幡神社 風まつり

若宮八幡神社 風まつり かざまつり
『太々神楽』舞を奉納し、五穀豊穣を祈願
神殿は寛文12年(1672年)に建立。正平2年(1347年)相州鎌倉鶴ヶ岡八幡宮の神主三浦為澄が戦乱をのがれ官七人を徒えて当地方に来る。神社境内に所蔵されている神輿は県指定文化財。全体として黒漆塗一部朱漆塗で、扉・高欄・格狭間などに金箔装飾の跡が見られる。南北朝時代に建立された若宮八幡神社で、天保の世に始まったとされる舞『太々神楽(だいだいかぐら)』が披露される。『太々神楽』は無形文化財に指定されている。
農作物の天災被害から守るため、毎年8月最後の日曜日に行っているという。
Information
  • 名称 若宮八幡神社 風まつり
  • 開催時期 毎年8月最終日曜日
  • 開催地 東根市 若宮八幡神社
  • お問合せ先 東根公民館
  • 電話番号 0237-42-0107
  • アクセス さくらんぼ東根駅より車8分
Access Map
Link
【最終更新日】 2018年07月12日
観光情報の検索
山形県の紹介
特集
ダウンロード
メールマガジン
山形県の天気予報

合計152,681,079件 今日67,718件 昨日93,437件