おくのほそ道 尾花沢そば街道

おくのほそ道 尾花沢そば街道 おくのほそみちおばなざわそばかいどう
俳人松尾芭蕉が食べたそばに
思いを馳せて・・・
昔のそばは「そばがき」や「そば餅」など、団子状にして食べるのが普通でした。
今日では一般的な長いヒモ状のそばは、かつては「そば切り」と呼ばれ、江戸時代の初期に誕生したものです。
もちろん松尾芭蕉の時代には、すでにありました。
Information
  • 名称 おくのほそ道 尾花沢そば街道
  • 所在地 尾花沢市五十沢1468-11
  • 電話番号 0237-22-1819
  • お問合せ先 そば研究会ゆう遊三昧会事務局
  • URL http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/2007.html
Link
【最終更新日】 2012年12月01日
食べあるきの検索
山形県の紹介
特集
ダウンロード
メールマガジン
山形県の天気予報

合計152,682,011件 今日68,650件 昨日93,437件