やまがた体験学習

やまがた体験学習|見て触れて感じて、まるかじり山形

学べる街歩き

庄内エリア
酒田市
マップ

見どころ

市立資料館

資料館には、酒田の歴史や昭和51年の大火の様子が分かる貴重な資料が展示されています。学生50円。隣接して、緑地と幅員30メートルの4車線の通りが設けられており、大火の原因になった冬季の偏西風に対して、防火帯の役目を担っています。

本間家旧本邸

酒田の大地主で豪商だった本間家の本邸。2000石の旗本級の屋敷と、商家づくりを折衷させた珍しい建築物です。邸内のタブの植栽が、大火の折の類焼よけになったといわれています。小 200円、中 300円。

山居倉庫

1893年築の9棟の土蔵造り米穀倉庫。現在も18万俵の収容能力があります。構内には、最上川舟運で活躍した小鵜飼船展示など見どころもたくさん。「庄内米歴史資料館(小150円 中200円)」や観光物産館「酒田夢の倶楽」も必見。

日和山公園

かつて船乗りたちが、出船入船を見定めたという港を見下ろす丘で、江戸時代の港湾施設の名残。園内には、築200年になる湊の常夜灯や、日本最古級の木造灯台。1/2スケールの千石船があります。また、周辺には、かつての港の栄華のなごりを留める「山王くらぶ」や「相馬樓」があります。

酒田のラーメン

魚介系のあっさりスープに、自家製麺率80%の多加水麺が特徴。商店街のところどころにあるラーメン店で、洗練された味がたのしめます。

米どころ山形と京をつないだ海の道、
大火災からの復興の足跡をめぐる学び
メインイメージ
酒田市は、中世以来日本海海運によってにぎわった美しい港町。
現在も市内では、港の隆盛に伴ってもたらされた北方や上方文化の名残が見られます。

諸国から船で運ばれるお米の集積所として建てられた「山居倉庫」は、
今も現役で、産業観光の拠点として美しい外観を留めています。

また酒田市は、昭和51年に中心市街地の半分を焼失させる大火を経験しています。
あれから40年、古い酒田の町並みと復興した商店街の対比や、商店街の防災への工夫、
類焼を免れた古い町家にのこる人々の知恵を街歩きの中で見ることが出来ます。

街歩きのヒント

ヒント1
海運と米の取引でにぎわった頃の名残を探してみよう。
  ・山居倉庫(庄内米歴史資料館 小鵜飼船)
  ・鐙屋(日本永代蔵)
  ・日和山公園
  ・山王くらぶ
  ・相馬樓など
ヒント2
昔からの防災の工夫、新しい防災の工夫を探してみよう。
  ・常緑広葉樹の植栽
  ・二車線の道路
  ・街の中の緑地
  ・非アーチ型のアーケード
  ・資料館
ヒント3
酒田は、古来三十六人の町衆による自治が行われていた街。
  豪商たちの街づくりの跡を確かめよう。
  ・日和山松林銘碑
  ・光丘神社
  ・光丘文庫

人と暮らしに触れ合う|感動体験

  • 酒田舞娘演舞鑑賞体験

    湊にほど近い、日和山舞娘坂の相馬樓では、土地の小唄に乗せて舞娘さんたちによるあでやかな演舞の鑑賞ができます。海運が運んだ京の料亭文化の名残を体感ください。また、相馬樓内には、大正期の高名な画家、竹久夢二の個人美術館が整備されており、美しい作品を見ることができます。

    お問合せ
    相馬樓
    所在地
    山形県酒田市日吉町一丁目舞娘坂
    TEL
    0234-21-2310
    FAX
    0234-21-2924
    E-mail
    somaro@sage.ocn.ne.jp
    受入期間
    通年 毎日14時 水曜定休
    対象学年
    中学生以上
    受入人数
    約50名まで
    体験時間
    40分
    料金
    入館券+鑑賞券1,000円
    URL
    http://www.somaro.net/
  • 傘福づくり体験

    傘福は、日本三大つるし飾りの一つ。酒田に伝わる伝統的な工芸飾りで、古くは子供の成長を願って、寺社に奉納されていたといいます。鯛や海老、宝珠など縁起物60種類以上をモチーフにしたオブジェが特徴です。体験作業では、その内、一個のオブジェを制作、お持ち帰りいただきます。

    お問合せ
    酒田商工会議所女性会
    所在地
    酒田市日吉町二丁目2-25山王くらぶ方
    TEL
    090-7320-0682
    FAX
    0234-22-0146
    受入期間
    土日 ※平日は事前予約
    対象学年
    小学高学年〜
    受入人数
    10名弱
    体験時間
    60分
    料金
    600円〜1,000円 ※教材による
    URL
    http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/info.html

お問合せ窓口

酒田市観光振興課
TEL:0234-26-5759 FAX:0234-22-3910
E-mail:kankou@city.sakata.lg.jp

合計119,154,104件 今日15,325件 昨日403件