記事詳細ページ

紅花をもっと知ろう

紅花の伝来
原産地はエチオピアともいわれ、エジプトからシルクロードをたどって6世紀頃に日本に伝来したといわれています。山形県では15世紀半ばから栽培が始まったとされていますが、江戸初期には質・量とも日本一の紅花産地として栄え、最盛期には全国の50〜60%を山形産が占めました。最上川沿いの肥えた土地が主産地で、朝霧の立ちやすい気候が、トゲのある紅花を摘みやすくしたといいます。

「まゆはきを俤にして紅粉の花」の句は、芭蕉が奥の細道の旅の途中、この地を訪れた時に詠んだものです。1689年の当時、紅花なくしては山形を語れなかったのでしょう。

紅花交易は文化の交流にも大きな役割を果たし、巨万の富を築いた豪商も数多く現れました。現在も県内各地に、紅花に関する史跡や資料館があり、当時の記録をとどめています。

 ・河北町紅花資料館
 ・山形まるごと館紅の蔵
 ・山寺芭蕉記念館
 ・芭蕉・清風歴史資料館
 ・山辺町ふるさと資料館

紅花屏風

紅花屏風:山形県指定有形文化財。青山永耕筆。かつて最上紅花の名で知られた山形の特産品紅花。
その栽培から、加工製造や出荷、流通の様子が、六曲一双、縦156.5cm、横366cmに詳細に描かれています。
気候・土壌・舟運に恵まれた山形
この最上川流域で、なぜ紅花の大産地が形成されたのでしょうか。
気候・土壌が栽培に適していたということもありますが、山形の他に、奥州福島・奥州仙台・
奥州三春・西国肥後・尾張・遠江・相模などで生産されていましたので、
気候・土壌が決定的な要因だったというわけではなさそうです。

むしろ、最上川の舟運で山形と京都や大阪が 北前船
によって深く結びつき、紅花商人たちが活躍したことが、
産地の拡大に繋がったといわれています。

紅花商人たちは、山形から紅餅を京へ出荷し、京からの帰り荷として古着のパーツを中心とした日用品を持ち帰り、各地に広く商いました。行きで儲かり、帰りでも儲かるとのことで、この商売は「ノコギリ商売」と呼ばれたということです。

現在でも、最上川流域の市町村には、紅花商人たちによって京から持ち帰られた江戸時代の雛人形(享保雛、古今雛など)がたくさん残存し、「山形雛のみち」や「庄内雛のみち」といわれるほど雛祭りが盛んに行われています。

最上川が運んだ雛人形 〜やまがた雛のみち〜

上方の影響を受けた中でも雛まつりの文化を大切にしてきた山形県内には、最上川沿いを中心に今でも多くの時代雛が残っています。
毎年春を迎えると、船着場として栄えた大石田では資料館以外にも十数軒のお宅で自慢の雛人形が公開され賑わいます。その他、河北、村山、東根、大江、山辺など、その土地の特徴豊かな雛たちが山形の春を暖かく彩ります。現代の雛とは一味違った表情から、当時の文化が覗けるかもしれません。

文化を運ぶ道

河北町谷地は昔から紅花の産地・流通の要所として栄えたこともあり、京都・大阪から運ばれた文化も数多く残っています。“どんが祭り”は谷地八幡宮の例大祭として行われ、初日に境内で奉奏される舞楽の衣裳は、紅花で真っ赤に染められています。
また2日目の神輿還御の行列を彩るお囃子には、どことなく祇園ばやしの名残をとどめています。江戸時代に出会ったそれぞれの文化が、現代ではその土地に合った姿となり、今なお受け継がれています。

代々谷地八幡宮の神職である林家一子相伝の「林家舞楽」。国の重要無形文化財であり、京や難波で行われていた舞楽を東北の地に脈々と伝えています。

東の関脇「出羽の最上紅花」


諸国産物見立相撲(河北町立中央図書館 所蔵)

全国の名産品ランキングを取り上げた「諸国産物見立相撲」では染料の二大産地として、東の関脇「出羽の最上紅花」西の関脇「阿波の藍玉」が上げられております。それほどまでの人気と商品価値が備わっていたことがよく分かります。
現在の紅花
明治時代になると、四川省産などの中国紅花の輸入が盛んになり、また化学染料アニリンが普及したことにより、山形県の紅花生産は大きな打撃をうけ、明治7年には400駄、翌年には200駄と急速に衰退し、明治10年頃には殆ど壊滅したと言われています。

 ところが、戦後、偶然にある農家の納屋から昔の種子がみつかり、それが発芽したことから、その後、こころある人々の手で山形県の紅花栽培が復興されました。

 昭和25年から保存会などが組織され復活の機運が高まり、昭和40年には山形県紅花生産組合連合会が組織されて、生産が本格的に再開されました。

 昭和40年代後半には、紅花の特性が見直され、資生堂との間で大量の契約栽培が行われ、最盛期には800人を超える組合員が36haの栽培を行うようになりました。

 しかし、資生堂が撤退すると再び需要と生産が急速に落ち込み、それ以後は一部の本物志向の染物業者や草木染めの愛好者の需要に応じながらも、栽培農家の高齢化や連作障害などもあって、その生産量は長期にわたり漸減してきました。
紅花とは
キク科
学名:Carthamus tinctorius(カルタムス・ティンクトリス)カルタムスはアラビア語で「染める」の意味
和名:紅花、末摘花、呉の藍
英名:Safflower(サフラワー)
自生地:降水雨量の少ない乾燥地帯、砂漠、未耕地(中央アジア山岳地帯、エジプトナイル川中流域帯、エチオピア、地中海沿岸等)
栽培適条件:少雨少湿、生育適温10〜25℃生育が進むほど高温、多日照条件になる環境が良い。土壌は耕土が深く、中性ないし弱アルカリ性の肥沃な土壌。

種類
品種名:もがみべにばな(剣葉種) 花色:黄・赤
特性:山形農業試験場で出羽在来中生種の中から系統分離したものです。花色は開花始めが黄色でその後に花筒部から紅色に変化します。

品種名:とげなしべにばな(丸葉種) 花色:黄・赤
特性:出羽在来種から系統選抜したものです。もがみべにばなと比較すると、草丈低く、分枝数少なく、茎太く、葉色が濃く、開花は約1週間早く、花色は同じです。

品種名:しろべにばな(剣葉種) 花色:淡黄白
特性:出羽在来種からの突然変異種。花色はクリーム色を帯びた白色で、開花期はもがみべにばなよりやや遅いです。


新品種「夏祭」/「鉢物紅花」

新品種「夏祭」平成21年に切り花向けの品種として山形県農業総合研究センター園芸試験場が育成。分枝が多く、小輪の花が多く着生します。花色はもがみべにばなと同じで、鮮黄橙色から鮮橙色に変化していきます。無加温ハウス栽培で、開花時期はもがみべにばなと同時期です。

 

「鉢物紅花」紅花は直根型で移植を嫌うため、プランターや鉢での栽培が困難ですが、菊鉢利用による容器や播種時期及び育苗方法などを改良して、花が多くボリューム感がある、露地栽培に近い「鉢物紅花」ができるようになりました。家庭やお店に居ながらにして「紅花畑」の風情を楽しむことができます。

紅花の色のチカラ

紅花には、サフロールイエロー(黄色)とカルサミン(紅色)が含まれています。

 

 

栽培
紅花の活用
染料や食用として利用されている紅花。花弁や葉、種子とすべての部分が使用できて、化粧品や薬用など幅広いジャンルで使用されています。
紅花の花弁に含まれる色素には、水に溶ける色素(黄色)と水に溶けない色素(紅色)があり、共に染料として用いられます。
紅花の種子からはサフラワー油がとれ、サラダ油・天ぷら油マーガリン等の食用油として使われています。
紅花の色素を使用した菓子や麺類なども開発されており、今後、多方面への展開に期待されています。
染料や食用として利用されている紅花。花弁や葉、種子とすべての部分が使用できて、化粧品や薬用など幅広いジャンルで使用されています。
紅花の花弁に含まれる色素には、水に溶ける色素(黄色)と水に溶けない色素(紅色)があり、共に染料として用いられます。
紅花の種子からはサフラワー油がとれ、サラダ油・天ぷら油マーガリン等の食用油として使われています。
紅花の色素を使用した菓子や麺類なども開発されており、今後、多方面への展開に期待されています。
紅花加工品

紅花加工品は、染物の染料や料理などに使われます。
山形の紅花で昔ながらの技法で作られた紅花加工品です。


紅もち(花もち)
水分中に含まれる酸素により発酵させ、黄色素を紅花素にした干紅花。極力花弁の形を残すために“つく”という作業で花弁の表皮組織に傷をつける程度で酸化させます。紅花染めに使用します。

すり花
空気中の酸素により、黄色素を紅色素にした干紅花。比較的新しい方法であり、“する”という作業により花弁組織の表皮組織を破壊し、急激に酸化させる方法です。紅花染めに使用します。

乱花
摘み取った花弁をそのまま乾燥させた干紅花で、主に食品加工品(パン、そば、うどん等に入れる)に使用します。漢方では冷え性や肩こりなど、血行障害の治療に用いることがあります。
紅花シール
外国産紅花を使用した商品が、山形県産紅花を使用した商品と区別がつきにくいため、山形県産紅花を使用している紅花加工品(紅もち、すり花、乱花)にはこのようなシールが貼られています。
紅花加工品

紅花加工品は、染物の染料や料理などに使われます。
山形の紅花で昔ながらの技法で作られた紅花加工品です。


紅もち(花もち)
水分中に含まれる酸素により発酵させ、黄色素を紅花素にした干紅花。極力花弁の形を残すために“つく”という作業で花弁の表皮組織に傷をつける程度で酸化させます。紅花染めに使用します。

すり花
空気中の酸素により、黄色素を紅色素にした干紅花。比較的新しい方法であり、“する”という作業により花弁組織の表皮組織を破壊し、急激に酸化させる方法です。紅花染めに使用します。

乱花
摘み取った花弁をそのまま乾燥させた干紅花で、主に食品加工品(パン、そば、うどん等に入れる)に使用します。漢方では冷え性や肩こりなど、血行障害の治療に用いることがあります。
紅花シール
外国産紅花を使用した商品が、山形県産紅花を使用した商品と区別がつきにくいため、山形県産紅花を使用している紅花加工品(紅もち、すり花、乱花)にはこのようなシールが貼られています。


「心が和む紅花みち」コンテンツ一覧

 

2011.07.20
観光情報の検索

合計124,870,230件 今日16,201件 昨日1,411件