記事詳細ページ

やまがた体験学習モデルルート <置賜3>

農村文化を知り、ものごとを広い視野で見る心を養う
※このモデルルートには、デジタルパンフレットをご用意しています。
pdf デジタルパンフレットのダウンロード(PDFファイル/1.3MB)
項目内容 (提供者名置賜総合支庁商工労働観光課)
■ジャンル環境学習/農業体験、林業体験
生活文化体験/農家へのホームステイ体験、陶芸体験
■市町村名長井市、高畠町
■エリア名山形県/置賜エリア
■プログラムタイトル農村文化を知り、ものごとを広い視野で見る心を養う
■体験学習実施個所長井市伊佐沢地区(伊佐沢の水田、陶芸工房、不伐の森)
■交通アクセス東京から山形新幹線、フラワー長井線で約3時間
■経営形態伊佐沢地域振興会事務局(伊佐沢地区公民館内)
■体験内容
○田植え体験地区内の水田において田んぼづくり数十年のベテランによるガイダンスの後、田植えを行います。
○古木めぐり体験久保の桜」を初め樹齢数百年の木々を守り残す活動を、実際に保護する人の案内で散策します。自然との共生をはかる生活を肌で感じることができます。
○陶芸製作体験「手仕事衆・つくりと邑」と称する工芸作家のひとつ、雑木林と小川に囲まれた「KAWAHARA工房」において、日々の暮らしの中に彩りを添える器づくりを体験します。
○山の仕事体験「不伐の森」において枝打ち作業やきのこのほだ木づくりなどを通していにしえ人の山の暮らしを体験できます。
■体験施設住所長井市伊佐沢地区/水田、KAWAHARA工房、不伐の森、地区内の古木
■宿泊1泊目長井市内のホテル・旅館(または伊佐沢地区ホームステイ)
2泊目
伊佐沢地区ホームステイ(または長井市内のホテル・旅館)
■問い合わせ窓口伊佐沢地域振興会事務局(伊佐沢地区公民館内)
 住所〒993-0021 山形県長井市上伊佐沢1994
 電話/FAX電話 0238-88-2444  FAX 0238-84-3415
■URLアドレスhttp://www.isazawa.com/
■E−mailアドレス 
■受入期間5月下旬
■受入可能時間9時 〜 17時
■受入可能人数30人 〜 120人
■所要時間4時間 〜 1日(最低2時間以上)
■体験学習対象者小学生 〜 一般
■モデルコース:1日目高畠駅→高畠町:浜田広介記念館亀岡文殊→(フラワー長井線で長井市へ)長井市:夕食交流会、宿泊(長井市内のホテル・旅館)
2日目
宿舎出発→長井市伊佐沢地区:一斉田植→そばやもちなど伊佐沢の食文化を体験(昼食)→引き続き一斉田植→宿舎帰着 夕食後ホームステイ 家族との会話を通じて田舎のありのままの生活を体験 宿泊(伊佐沢ホームステイ)
3日目
宿舎出発→班に分かれて伊佐沢地域の自然・文化体験 1班:古木めぐり 2班:陶芸 3班:山の仕事体験→高畠町:昼食→高畠駅
■体験学習プログラムの紹介農村文化を築いてきた「田仕事」の中でも、田植えは一大イベント。昔ながらの手で苗を植える手作業を体験し、一枚の田んぼを完成させ、ものを育てることの大変さや尊さを学習できます。また、未来の子どもたちのために、豊かな森を永久に残すことを市の条例に定めた不伐の森では枝打ち作業やきのこのほだ木づくり、散策などを通していにしえ人の山の暮らしを体験することができます。
■総費用宿泊料
 長井市内のホテル・旅館1泊朝食付き1人 6,000円程度
 伊佐沢地区のホームステイ1泊朝食付き1人 2,000円
交流会経費 1人 3,000円
田植え体験 3,000円 (後日収穫した米の発送あり)
古木めぐり経費 1,000円
陶芸体験 1,500円
不伐の森体験 2,000円
浜田広介記念館入館料 大人 300円、小人 100円 (平成17年4月現在)
■体験学習プログラムの背景ここ伊佐沢(いさざわ)には、ありのままの自然、普段着の生活があふれています。それはまさに観光というよりも体験という言葉がふさわしいでしょう。農業を中心としてこれまで培われてきた特有の文化を肌で感じて、農村部と都市部との暮らしや文化の違いについて見聞を広めるとともに、広い視野を持って物事を見る心を養うことを目的としたプログラムです。
■期待される学習効果伊佐沢地区での各種体験を行うことで、農業を中心としてこれまで培われてきた特有の文化を肌で感じることで、農村部と都市部との暮らしや文化の違いについて見聞を広め、広い視野を持って、ものごとを見る心を養う力をつけることができます。
■事前学習の内容伊佐沢地区紹介パンフレットにより、地域の概要を知ることができます。あわせて、インターネットのライブカメラを通して、実際に田植え作業を行う水田がどのような状態になっているかを知ることができるので、体験のイメージをより身近に感じ取ることが可能です。
■事前学習資料伊佐沢地区の紹介パンフレット「桜源郷」、その他にも地区の未来構想ビジョンの図など資料提供が可能。
■講師の派遣の可能性各種体験には伊佐沢地区に在住する、それぞれの熟練した農業者や工芸家等が指導に当たります。事前学習には伊佐沢地域振興会からの派遣についても相談いたします。
■教育カリキュラムとの関連社会、理科、「総合的な学習の時間」の環境学習や農業学習のテーマに関連しています。
■事後学習の素材稲の生育状況はインターネットにより、ライブ映像を発信します。秋には収穫した米の発送や稲の杭掛け体験も可能です。
■先生方、旅行社教育旅行担当者への一言見渡すかぎり田んぼや畑が存在しているこの伊佐沢を私たちは「桜源郷(おうげんきょう)」と称して誇りを持って暮らしています。この出会いがその後の交流につながることを期待しています。
やまがた体験学習|コンテンツ
体験メニュー

2012.02.14
観光情報の検索

合計165,219,590件 今日7,612件 昨日74,447件