記事詳細ページ

やまがた体験学習モデルルート <置賜7>

「農村の景色、暮らし、食の体験」
項目内容 (提供者名川西町産業創造室)
■ジャンル環境学習/林業体験
■市町村名川西町
■エリア名山形県/置賜エリア
■プログラムタイトル農村の景色、暮らし、食の体験
■体験学習実施個所国指定史跡下小松古墳群、町内農家、川西町埋蔵文化財資料展示館、川西ダリヤ園、置賜公園
■交通アクセス東京から山形新幹線、米坂線利用し、約2時間30分
東京から東北自動車道で約4時間
■経営形態山形県川西町
■体験内容
○1日目 「里山トレッキング」は、下小松古墳群が体験場所です。下小松山と呼ばれる里山に4世紀から6世紀にわたって造られ続けた東北有数の大古墳群で、国指定の古墳の総数は179基にのぼります。博物館学芸員有資格者が、里山や自生する植物など古墳群に咲く花などを説明します。
○2日目 「農業体験」は、稲作、花卉、畜産などそれぞれの農家で農作業を体験します。
○3日目 「ガーデニング体験」は、川西ダリヤ園ではダリヤの植付け、置賜公園ではハーブの寄せ植えなどを行います。その後移動し、「わら細工体験」は、わらを使ってぞうりを作ります。
■体験施設住所山形県川西町内
■宿泊1泊目町内の宿泊施設
2泊目
町内の宿泊施設
■問い合わせ窓口川西町産業創造室
 住所〒999-0193 川西町大字上小松1567番地
 電話/FAX電話 0238-42-2111  FAX 0238-42-2600
■URLアドレスhttp://www.town.kawanishi.yamagata.jp
■E−mailアドレスsangyoshinko@town.kawanishi.yamagata.jp
■受入期間5月 〜 10月
■受入可能時間9時 〜 15時
■受入可能人数 
■所要時間2時間 〜 1日
■体験学習対象者小学生 〜 一般
■モデルコース:1日目川西町フレンドリープラザ・川西町埋蔵文化財資料展示館見学→里山トレッキング(博物館学芸員有資格者同行)→宿泊先到着
2日目
宿泊先出発(8時30分)→町内農家で稲作、花卉、畜産等の体験→宿泊先到着
3日目
宿泊先出発(8時30分)→川西ダリヤ園・置賜公園でのガーデニング体験→昼食(町内)→藁細工体験(川西町文化財保護協会会員が指導)→バスに乗車
■体験学習プログラムの紹介農村の生活には、郷土を愛する先人から受け継がれてきた土地と技と食などが暮らしに結びついています。四季折々の景色とともに、移りゆく農のある暮らしを体験してください。
■総費用2泊5食つき 1人 20,000円程度
■体験学習プログラムの背景農作業の体験を通して、農業の大切さと厳しさを学ぶほか、かつて、人々が暮らしのために上手に利用してきた身近な自然(里山)との関わりを知ることができます。
■期待される学習効果里山トレッキングでは、イギリスの女性旅行家イザベラ・バードが「アジアのアルカディア」と表現した農村風景の奥には、蔵王連峰、奥羽山脈、吾妻連峰の山並みが連なっています。見渡す限り広がる農村の景色と農家の生活から農業生産との関わりを体験できます。
■事前学習の内容 
■事前学習資料 
■講師の派遣の可能性体験には、これまで教育旅行の受入を10年以上行っている達人を派遣します。
■教育カリキュラムとの関連 
■事後学習の素材 
■先生方、旅行社教育旅行担当者への一言平成8年から千葉県内の中学生を中心に受入を行っています。
やまがた体験学習|コンテンツ
体験メニュー

2012.02.14
観光情報の検索

合計170,107,217件 今日90,440件 昨日100,074件