記事詳細ページ

やまがた体験学習モデルルート 〈最上5〉

自然と共存することとは?
項目内容 (提供者名最上総合支庁)
■ジャンル環境学習/自然体験
■市町村名新庄市、戸沢村、鮭川村
■エリア名山形県/最上エリア
■プログラムタイトル自然と共存することとは?
■体験学習実施個所新庄市ヨコタ東北、戸沢村舟下り、田舎体験塾つのかわの里、鮭川村エコパーク
■交通アクセス東京から東北自動車道、山形自動車道、東北中央自動車道で5時間20分
東京から山形新幹線で3時間7分
■経営形態民間
■体験内容最初に舟下り、幻想の森散策などをとおして自然観察を行います。その後、田舎体験塾つのかわの里に移動し、その季節ごとの農作業を体験していただき、自然と共存する生活を自分自身で体感してもらうことが出来ます。それと同時に素朴な人に触れ、交流することにより、人と人の結びつきの楽しさ、素晴らしさを再認識していただくことが出来ます。最終日には遊びを取り入れ、鮭川エコパークという安全なフィールドで様々な体験メニューから選択することが出来ます。最後に、ヨコタ東北で身近な環境保護について、トレーリサイクルを通じて学びかえっもらうことが出来ます。
■体験施設住所新庄市ヨコタ東北
戸沢村最上峡、田舎体験塾つのかわの里
鮭川村エコパーク、トトロに似た巨木
■宿泊1泊目民泊
2泊目
鮭川エコパーク コテージ
■問い合わせ窓口ゆめりあ情報案内センター
 住所〒996-0024 新庄市多門町1-2 最上広域交流センター ゆめりあ内
 電話/FAX電話 0233-28-8881
■URLアドレスhttp://www.ecopolis.or.jp/
■E−mailアドレスinfo@ecopolis.or.jp
■受入期間5月 〜 11月
■受入可能時間9時 〜 15時
■受入可能人数5人 〜 50人
■所要時間4時間 〜 2日
■体験学習対象者小学生 〜 一般
■モデルコース:1日目最上峡舟下り幻想の森散策→田舎体験塾つのかわの里到着→各里親にホームステイ
2日目
宿舎出発→農村体験→郷土食(昼食)→農村体験(夕食食材調達)→トトロに似た巨木エコパークコテージ宿泊(自炊)
3日目
エコパーク内での体験メニュー→ヨコタ東北見学→バス乗車
■体験学習プログラムの紹介最上地域には、日本有数の巨木が点在する巨木の里です。昔より、最上地域の人々は自然に学び、自然と共に生活をしてきており、今も自然の恵みを享受しながら生活しています。そうした、自然と共存した生活を体験してもらうことにより、自然の大切さやかかわり方について学んでもらうことが出来ます。
■総費用宿泊料民泊 9,800円
エコパーク経費 6,000円(コテージ料金、体験料含む)
舟下り料 1,780円
■体験学習プログラムの背景農村での生活を見て体験していただき、エコパークでは様々な他見メニューで遊んでいただき、都市部とは違った生活の豊かさもあることに気づいてもらうことができる。そして、周辺には巨木を中心とした豊かな自然が広がっており、そうした生活が送れることを理解してもらう。
■期待される学習効果農村で実際の農作業を通して、自然との共存や安全な食べ物の重要性、そして、自然が楽しいフィールドであることを身をもって体験することにより、環境保護に対する認識が向上します。
■事前学習の内容鮭川エコパークなどの体験資料を提供。地球温暖化防止に植物、山林が及ぼす影響などを学んでもらう。
■事前学習資料山形・最上めぐり、鮭川エコパークパンフレット、ヨコタ東北パンフレット
■講師の派遣の可能性ヨコタ東北案内人あり
農業体験インストラクター有り
幻想の森案内人あり
鮭川エコパークインストラクター有り
■教育カリキュラムとの関連社会、理科、総合学習の環境学習のテーマに関連しています。
■事後学習の素材学習や体験現場で地元の方と写真撮影したものをCD-ROMで提供することができます。
■先生方、旅行社教育旅行担当者への一言自然に学び、自然と遊ぶ。本当の豊かさを教えます。
やまがた体験学習|コンテンツ
体験メニュー

2012.02.16
観光情報の検索

合計194,903,006件 今日60,715件 昨日70,561件