記事詳細ページ

遊佐町|豊かな湧水と文化を訪ねるコース

豊かな湧水と文化を訪ねるコース

コース全体の流れ
スタート
JR遊佐駅
駅構内には遊佐町観光協会が併設されています。
レンタサイクルを貸し出しています。
(9:00〜17:00、無料)
詳しくはこちらから
JR遊佐駅
車で約10分
旧青山本邸
北海道のニシン漁で成功を収めた青山留吉が故郷・遊佐に建てた本邸。明治・大正文化の香りを受け継ぐ建築様式で国の重要文化財に指定されています。
詳しくはこちらから
旧青山本邸
車で約10分
道の駅鳥海ふらっと
農産物直売所、鮮魚直売所、地域の特産品販売コーナー、食堂「ふらっと」、ファーストフードコーナー、ラーメン「味の駅」、ベーカリー工房「ほっほ」があり、遊佐町の極上の自然と食材をまるごと楽しむことができます。
詳しくはこちらから
道の駅鳥海ふらっと
車で約5分
十六羅漢岩
吹浦海岸寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って、5年の年月をかけて明治元年に22体の磨崖仏を完工しました。16の羅漢に釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体。これだけの規模で岩礁に刻まれているのは日本海ではここだけといわれ、歴史的にも貴重な資源です。
詳しくはこちらから
十六羅漢岩
車で約5分
丸池様・牛渡川
丸池様は、直径20メートル、水深5メートルの湧水だけで満たされている池です。底まで見えるほど透明度が高く、水の色深い青からエメラルドグリーンへの光の加減で色を変えます。鳥海山大物忌神社の境内にあるため古くから信仰の対象として敬意をもって”丸池様”と呼ばれています。
牛渡川もまた鳥海山の伏流水からできた川で、春から夏には川中に新緑の梅花藻がたなびき、秋にはたくさんの鮭が遡上します。
丸池様・牛渡川
車で約7分
永泉寺
823年に慈覚大師が建立、1382年に現在の場所に移ったと伝えられています。入口の仁王門は仁王像と共に美しい格天井も特徴的です。七不思議や宝物殿、県内一のビワの木、ハリモミ(県指定天然記念物)など多くの史跡・伝説が残っています。
詳しくはこちらから
永泉寺
車で約20分
胴腹滝
鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子が身体の「どうっぱら」という例えで胴腹滝と呼ばれています。 2カ所から噴き出しているのですが、右と左の味が違うと言われていて、この水を汲んでいる人の中には右の水を汲む人、左の水を汲む人、半分ずつ混ぜる人など好みで別れます。山深く雪も多いのですが、冬でも凍ることがなく、年中水汲みの人が絶えません。
詳しくはこちらから
胴腹滝
車で約15分
龍頭寺
庄内三十三観音霊場第十九番札所。鳥海山山頂より見下ろしたところ、龍がとぐろを巻いた姿に見えちょうどこの地が頭の部分だったためこの名称になったと言われています。仁王像がインド風の造りをしています。
詳しくはこちらから
龍頭寺
車で約10分
JR遊佐駅

2017.12.08:[庄内エリア|モデルコース]
観光情報の検索

合計132,217,184件 今日9,093件 昨日72,741件