記事詳細ページ

大蔵村|名湯肘折温泉でプチ湯治-Touji-体験

名湯肘折温泉でプチ湯治-Touji-体験

コース全体の流れ
所要時間
1泊2日
備考
JR新庄駅(東北中央自動車道 東根I.C.より車で約1時間)
スタート
旧肘折郵便局舎
肘折温泉街のちょうど真ん中にある、小さなランドマーク。かわいらしい外観をよく見てみると、窓の格子が〒のマークに。
詳しくはこちらから
旧肘折郵便局舎
徒歩で1分
共同浴場「上の湯」
古くから疵に良く聞く湯として、地元の人からも愛される共同浴場。男湯、女湯にそれぞれお地蔵様がいらっしゃいます。湯治に来ているおじいちゃん、おばあちゃんとの交流も楽しみの一つです。
詳しくはこちらから
共同浴場「上の湯」
徒歩で5分
そば処寿屋
さて、ひとっ風呂浴びておなかがすいたら、そばの名店「寿屋」へ。打ちたての歯ごたえのあるそばが味わえます。約2.5人前の名物板蕎麦は、女性でもペロリ。
詳しくはこちらから
そば処寿屋
徒歩で5分
羽賀だんご
食後の運動に温泉街を歩いていると、だんご屋さんが。あんこ、しょうゆ、ごま、ずんだ、どれも素朴な甘さで、もちもちのだんごと相性抜群。足湯に入りながら頬張るもよし、銅山川を眺めながら頬張るもよし。
詳しくはこちらから
羽賀だんご
徒歩で10分
肘折温泉
開湯1200年を数える、今なお湯治場風情を残した温泉。骨折、疵に肘折と言われる効能あらたかなお湯はもちろん、霊峰月山の恵みがふんだんに入った食事、そして人とのふれあいで、カラダもココロもリフレッシュできます。
詳しくはこちらから
肘折温泉
徒歩で5分
朝市
湯治場の朝は、賑やかな朝市から始まります。地元のお母さんたちが季節の新鮮な山の幸や自家製の漬物を持って、旅館の軒下に店を構えます。「お客さん、今年も来たね!」「まだ元気な証拠よ」などという明るいやりとりもおもしろい、肘折温泉の風物詩です。
詳しくはこちらから
朝市
車で3分
地蔵倉
さて、一晩過ごして元気になったら、ちょっと地蔵倉までお散歩に。奇岩連なるこの地蔵倉は、肘折開湯伝説の老僧が棲んでいたとされるまさに聖地。今では縁結び、商売繁盛の神として知られ、岩肌の小さな穴にこよりを通すと、願い事が叶うとされています。
詳しくはこちらから
地蔵倉
徒歩で5分
カルデラ温泉館
肘折の最後は、炭酸泉で〆。カルデラ温泉館は、温泉と冷泉がすぐ近くから湧き出ている全国的にも珍しい場所。温泉の他に冷泉の入浴、そして飲泉も可能です。飲んでピリピリ、入ってピリピリを楽しめます。湯上りには、この天然の炭酸水が入った「肘折カルデラサイダー」もオススメ。
詳しくはこちらから
カルデラ温泉館
                ゴール!

2013.11.01:[最上エリア|モデルコース]
観光情報の検索

合計109,977,734件 今日3,562件 昨日79,829件