記事詳細ページ

金山町|中心街をぐるり巡って金山の街並みを堪能

中心街をぐるり巡って金山の街並みを堪能

コース全体の流れ
所要時間
60分
備考
JR新庄駅(山形自動車道 山形北I.C.より国道13号を北上、車で約1時間31分、73.5)
コースの見所・特徴:街の中心部を潤す大堰の流れ、切妻屋根と白壁がすがすがしい金山住宅、「マルコの蔵」や「交流サロンぽすと」など、どこか懐かしい街並みは、癒しの旅にぴったり。英国旅行家イザベラ・バードが「ロマンチックな雰囲気の場所」と讃えました。「蔵史館」では、お抹茶とお菓子のおもてなしで、ホッと一息。趣ある旧家の一角では、金山産そば粉の手打ちそばを堪能したり、地元産品をつかったイザベラ・バード御膳も堪能できます。
■料金・参加費・予約の必要 等
・案内:無料(一部有料・要相談)一週間前まで予約
・蔵の会:300円(お抹茶とお菓子・日曜10:00〜15:00(5〜10月末)それ以外は予約必要)
・そば処「草々」:手打ちそば700円〜
・お休み処「一福や」:イザベラ・バード御膳 1,500円 など
体験メニュー
  • ▼暮らし考房

    暮らし考房は「山里での豊かな暮らしとは何か」を考えるログハウス。 チェンソークラフトや森の楽器づくり、草木染め、メープルサップ採取などが体験(有料)できます。
    詳しくはこちらから
  • ▼遊学の森

    山形県第4番目の県民の森。木工クラフトや自然観察、ピザ焼き、くん製づくり等の体験(有料)ができます。
    詳しくはこちらから
  • ▼カムロファーム倶楽部

    約25,000坪の敷地にはミニ牧場や倶楽部ハウスがあり、乗馬体験が楽しめます。
    詳しくはこちらから


スタート
金山町役場
徒歩で1分
新庄信用金庫 金山支店
戦前、個人で倉庫を持つことは難しく、産業組合長・岸三郎兵衞(先々代)の蔵を建築し、貸し出していました。昭和23年農業協同組合が設立され、その翌年農協が蔵を買取って米倉庫として利用していました。昭和43年に農協の事務所が現在の七日町に移転し、平成5年には低温倉庫を建設したため蔵が不要になり、その後、平成7年に修繕改修して現在の新庄信用金庫金山支店として活用されています。
詳しくはこちらから
新庄信用金庫 金山支店
徒歩で3分
イザベラ・バード記念碑
約130年前、英国の旅行家イザベラ・バード女史が来訪しました。その100年を記念したてられた碑です。大堰公園内にあります。
詳しくはこちらから
イザベラ・バード記念碑
徒歩で0分
大堰公園
町の中心部をめぐる農業用水路「大堰」。美しい町のシンボルとなっており、春には約250匹の鯉が放流されます。また、大堰と隣接し、鯉の休憩水路などがある憩いの広場の大堰公園には、休憩所がありゆったりとくつろいでいただけます。
詳しくはこちらから
大堰公園
徒歩で5分
八幡公園
平成7年に、八幡神社わきの土地を活用し、緑地のあり方を目指し、水を利用した公園を整備しました。
池は清流が感じられ、水性生物の環境に適した構造を計画し、四阿やベンチは地場の杉材・地元の業者という具合に地元にこだわっています。
平成12年には、金山町情報公開条例発布記念碑が建立されました。
詳しくはこちらから
八幡公園
徒歩で2分
ポケットパーク
この池に流入する水は、金山川の取水口よりここまでの距離が短いため、比較的きれいな水が入ってきます。そのため、流雪溝に改修する前の水路にはヤマメやカジカが住み蛍も多く飛び交っていました。
しかし、コンクリート水路となり、そのような環境が失われてしまいました。このような状況の中、地域より以前のように魚が住み清流の感じられる場所を残したいという要望がだされ、平成4年度に流雪溝整備を行った際に、このポケットパークがつくられました。
詳しくはこちらから
ポケットパーク
徒歩で1分
金山木材
街並み散策コースの1つにもなっている、町内の木材会社。
敷地内におかれた、伐採したばかりの美しい艶と木目の金山杉を間近で見ることができます。
詳しくはこちらから
金山木材
徒歩で5分
きごころ橋
金山杉を使用した屋根付き歩道橋。
金山職人の技が光る橋です。
詳しくはこちらから
きごころ橋
徒歩で5分
蔵史館
町民の文化活動の拠点となっている蔵です。
各種展覧会やお茶会などが催されています。
詳しくはこちらから
蔵史館
徒歩で2分
交流サロンぽすと
旧金山郵便局を改修、復元された建物です。
1階部分は誰でも自由に利用できる交流と憩いの場になっています。
2階には、森のこども図書館があります。
懐かしいダルマぽすとが目印です!
詳しくはこちらから
交流サロンぽすと
徒歩で1分
マルコの蔵
宿場町金山の中心部の商家として栄えた西田家(屋号 小マルコ)から譲渡された土地や建物を整備し、平成25年7月から「街角交流施設 小マルコの蔵」として活用されています。東蔵は、喫茶やお土産品、展示ギャラリーになっており、西蔵は資料館となっています。
広場では、さまざまなイベントや青空市なども開催されます。
詳しくはこちらから
マルコの蔵
徒歩で1分
            金山町役場

2013.11.01:[最上エリア|モデルコース]
観光情報の検索

合計106,308,676件 今日6,279件 昨日51,019件