記事詳細ページ

最上町|芭蕉と義経・弁慶の足跡を辿る旅

芭蕉と義経・弁慶の足跡を辿る旅

コース全体の流れ
所要時間
約6時間
スタート
JR堺田駅
JR陸羽東線に乗車し山形県最上町に入って最初(最東)の駅。宮城県との県境にある標高338mの無人駅です。駅前には堺田分水嶺があります。
詳しくはこちらから
JR堺田駅
徒歩で1分
分水嶺
太平洋と日本海へと分かれる「分水嶺」。
東側(宮城県)は江合川、旧北上川を経て116km下り、宮城県石巻市の太平洋へ。西は小国川、最上川を経て102km下ると山形県酒田市の日本海へ注ぎます。平坦な場所にある分水嶺は全国的に珍しく、東西の海へと分かれる分岐点を目の前に見ることができます。
詳しくはこちらから
分水嶺
徒歩で5分
封人の家
民家で最古のものとして昭和44年重要文化財に指定されました。また、芭蕉の奥の細道行脚の折山形県にて最初に投宿した家としても有名です。仙台領と境を接する新庄領堺田村の庄屋家、この旧有路家住宅であったといわれています。
詳しくはこちらから
封人の家
車で30分
前森高原(昼食・乗馬体験)
小国盆地、禿岳の眺望がよく、放牧場・大草原などハイキングに最適です。乗馬・スノーモービル・陶芸・そば打ちなどの体験ができます。
詳しくはこちらから
前森高原(昼食・乗馬体験)
車で30分
日本一の大アカマツ
日本一の大アカマツ。県の天然記念物に指定されています。
詳しくはこちらから
日本一の大アカマツ
車で25分
大堀温泉 保養センターもがみ(入浴)
栗駒国定公園神室連峰と小国盆地を一望できる高台にあり、スポーツ施設を併設。保養、合宿、運動に最適。
【施設名】
「保養センター もがみ」「おらだずの宿 りんどう」
詳しくはこちらから
大堀温泉 保養センターもがみ(入浴)
車で15分
川の駅ヤナ茶屋もがみ(お土産)
ヤナ茶屋もがみでは美味しい最上早生十割そばをはじめ、鮎が丸々一匹入ったあゆ天ラーメン・焼きたての鮎、産直「四季の香」のみなさんの新鮮で安全な農産物、山菜など地域の特産や逸品を直販しております。四季折々の風景が店内からいつも楽しめます。
長旅の一服にぜひお立ち寄りください。
詳しくはこちらから
 
車で3分
薬研の湯
亀若丸が誕生した際、産湯を探して谷川を下った弁慶が川辺に湯けむりをを見つけ、なぎなたで岩を砕いたところ温泉が出てきたとされています。現在も温泉が湧き出ていますが、高温なため入浴できず、湯気が立ちのぼる景色を眺めるだけとなっています。
詳しくはこちらから
薬研の湯
徒歩で15分
弁慶の硯石・投げ松
兄源頼朝の追っ手を逃れ岩手県平泉に向かう途中に最上地域を通り、北の方(義経の妻)が出産した際、弁慶によって瀬見温泉が発見されたとされています。瀬見温泉周辺には、義経弁慶伝説にまつわる場所が点在します。
【弁慶の硯石】
義経の子(亀若丸)の名前をつける際、弁慶が硯として墨をすったとされる岩です。近くの岩では弁慶の足跡や馬の足跡が見つかるかも知れません。
詳しくはこちらから
弁慶の硯石・投げ松
徒歩で10分
JR瀬見温泉駅
JR陸羽東線において最上町最西の駅。瀬見温泉の最寄り駅で、温泉街までは徒歩15分の距離です。
詳しくはこちらから
JR瀬見温泉駅
             ゴール!

2013.11.01:[最上エリア|モデルコース]
観光情報の検索

合計109,977,637件 今日3,465件 昨日79,829件