記事詳細ページ

南陽市|えくぼの里南陽市巡り

えくぼの里南陽市巡り

コース全体の流れ
所要時間
4〜5時間程度
スタート
JR赤湯駅
みどりの窓口
詳しくはこちらから
JR赤湯駅
徒歩で25分
烏帽子山公園
烏帽子山公園は、明治時代に地域有志の力で作られた公園で、米沢盆地を一望できる地にあり、千本桜と松や楓がバランスよく配置され、春の桜、夏の緑陰、秋の紅葉と四季の景観と眺望を楽しむことができます。さくら名所100選」の1つで、残雪の輝く吾妻(あずま)連峰・飯豊(いいで)朝日連峰を望む高台の公園。通称「烏帽子(えぼし)山千本桜」といわれる、樹齢百余年のシダレザクラ・ソメイヨシノ約1,000本が見事。
詳しくはこちらから
烏帽子山公園
徒歩で10分
結城豊太郎記念館
表門は元薩摩藩主島津公の江戸屋敷を転築されたもの。昭和12年大蔵大臣兼拓務大臣、後に日本銀行第15代総裁となった赤湯出身の結城豊太郎氏の遺品と市内各古墳から出土した遺物をそろえている。
詳しくはこちらから
結城豊太郎記念館
徒歩で10分
ゆーなびからころ館(足湯・公衆浴場・売店)
「ゆーなび」は、センターが赤湯温泉や市内特産品の案内のナビゲーターを担う事から「YOU(あなた)の案内所、湯の案内所」、そして「からころ館」は、温泉街を多くの観光客が下駄を履いてカラコロとなるように、という思いがこめられています。センター内には観光案内コーナーがあり、南陽市を始め、近隣観光地のご案内や赤湯の各旅館のご案内などをしております。また、センターの1階では、特産品販売コーナーがあり、南陽市や赤湯の特産品もお買い求めいただけます。併設して、公衆浴場、足湯もございますので是非お立ち寄りください。
詳しくはこちらから
ゆーなびからころ館
徒歩で3分
ワイナリー巡り・市内4ヵ所
全国有数のぶどう生産県「山形」。地元栽培のぶどうを使用し、風土の良さを生かしたワイン作りが行われており、ワインの日本三大産地に数えられています。お気に入りのワインを探しに出かけてみませんか。
南陽市内には、大浦ぶどう酒、酒井ワイナリー、佐藤ぶどう酒、須藤ぶどう酒工場があります。
詳しくはこちらから
ワイナリー巡り
車で10分
熊野大社
産業の守り神を奉っている。歳旦祭、春参宮、祈年祭、鎮花祭、大祓祭、例祭等で太々神楽も披露奉納されています。
参宮者年間350,000人。
詳しくはこちらから
熊野大社
徒歩で15分
夕づるの里資料館
山形県南陽市の西部、漆山地区を流れる織機(おりはた)川のそばに、古くから民話「鶴の恩返し」を開山縁起として伝承している鶴布山珍蔵寺があります。この地区には、鶴巻田や羽付といった鶴の恩返しを思い起こさせる地名が残り、明治時代には製糸の町として栄えました。地域に口伝えで残されてきた鶴の恩返しをはじめとする多くの民話を、これからも伝えていくために夕鶴の里資料館、語り部の館がつくられました。
詳しくはこちらから
夕づるの里資料館
徒歩で10分
                JR赤湯駅

2014.01.06:[置賜エリア|モデルコース]
観光情報の検索

合計127,982,673件 今日42,997件 昨日74,287件