記事詳細ページ

天童市|天童の自然と景観を満喫する旅

天童の自然と景観を満喫する旅(移動手段=車)

コース全体の流れ
所要時間
約3時間(移動時間を含む、温泉宿泊時間を除く)
備考
JR天童駅(山形自動車道山形北I.C.より車20分 東北中央自動車道天童I.C.より車で10分)
スタート
舞鶴山(天童公園)
天童市の中心部にある舞鶴山は、まちのシンボルとして市民に親しまれています。一帯は市民の憩いの公園になっていて、山頂の展望広場(平成21年度に再整備)からは、月山や朝日連峰、最上川などが一望できます。また、舞鶴山は桜の名所としても知られています。4月中旬の土・日にはおよそ2,000本の桜の下で、天童桜まつり「人間将棋」が行われます。
詳しくはこちらから
舞鶴山(天童公園)
車で10分
御苦楽園
昭和3年(1928年)故水戸部弥作翁が当時の失業救済事業として7年の歳月をかけて作った日本庭園です。立ち並ぶ柱石には、人生の苦楽を教えてくれる格言金言が刻まれています。
詳しくはこちらから
御苦楽園
車で15分
若松寺
最上三十三観音の一番札所で和銅元年僧行基の開山による古刹であり、昭和38年国の重要文化財に指定されました。
詳しくはこちらから
若松寺
車で25分
天童高原
・景観の特色:牧草地帯、風穴地帯
・観光地点:野田平、ジャガラモガラ、高滝不動、若松観音
・利用形態:信仰、キャンプ、ハイキング、スキー
詳しくはこちらから
天童高原
車で20分
天童温泉(宿泊)
開湯は明治44年。特産の将棋駒と、いで湯がとけあって独特の零囲気をかもしだしています。全国的に知られる「人間将棋」の会場となる舞鶴山の北東側に温泉街が広がります。将棋駒生産量日本一の町だけに、駒をあしらった橋の欄干や詰め将棋の歩道など、凝ったモニュメントがお出迎えします。旅心をくすぐるのは、女将たち発案の真っ赤な野点傘の休憩処です。風鈴の音に涼みながらほっと一息つきましょう。
詳しくはこちらから
天童温泉(宿泊)
            ゴール!

2014.02.03:[村山エリア|モデルコース]
観光情報の検索

合計106,308,590件 今日6,193件 昨日51,019件