記事詳細ページ

やまがたの博物館・美術館めぐり

庄内エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
本間美術館
(酒田市)
近世の古美術から現代美術の企画展、「鶴舞園」の幽遠な四季の風情、「清遠閣」の緻密な木造建築の美、さらには湊町酒田の歴史まで楽しめる芸術・自然・歴史の融合した美術館。 0234-24-4311
土門拳記念館
(酒田市)
日本最初の写真専門の美術館として誕生。全作品 約7万点を収蔵。 0234-31-0028
酒田市美術館
(酒田市)
日本洋画界の重鎮:森田茂氏、日本芸術院会員の洋画家:國領經郎氏、酒田市出身の洋画家:斎藤長三氏の作品と、彫刻家:高橋剛氏の作品などを展示している。 0234-31-0095
黒川能の里 王祇会館
(鶴岡市)
重要無形民俗文化財「黒川能」を紹介する施設。「王祇祭」や「黒川能の1年」など4本の番組を大型スクリーンで展示。 0235-57-5310
致道博物館
(鶴岡市)
鶴岡の歴史や文化を紹介・展示する博物館。中には貴重な歴史的建築物が移築されている。重要有形民俗文化財 8種5,350点を収蔵展示。 0235-22-1199
いでは文化記念館
(鶴岡市)
出羽三山の歴史、羽黒修験道の特徴や文化を分かりやすく紹介。法螺貝無料体験も可能。 0235−62−4727

最上エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
新庄ふるさと歴史センター(新庄市) 享保雛や新庄藩主ゆかりの雛道具や新庄の歴史の紹介。山車会館1階には新庄まつりの優秀山車の展示もある。 0233-22-2188

村山エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
山形県立博物館
(山形市)
霞城公園の中に位置し、館内の展示室は大きく分けて「豊かな自然とその恵み」・「山形の大地に刻まれた歴史」・「近代山形くらしのうつりかわり」の3展示場からなり、それぞれ分かりやすく展示されている。 023-645-1111
山形美術館
(山形市)
日本および東洋美術、郷土関係美術に新たにフランス美術を加えた3つの柱を中心とした美術館。 023-622-3090
山寺後藤美術館
(山形市)
山形県河北町出身の後藤季次郎氏が収集したヨーロッパ絵画を中心とした美術館。 023-695-2010
広重美術館
(天童市)
浮世絵師として広く知られる歌川広重の作品を集め、江戸時代後期に活躍した初代広重から4代までの肉筆画や錦絵が展示されている。 023-654-6555
出羽桜美術館
(天童市)
主な収蔵品は、古韓国・新羅・高麗・李朝期の陶磁器と工芸品。その他、近代文人の書、桜に因んだ工芸品、日本六古窯等、三ヶ月毎の企画展示をおこなっている。 023-654-5050
芭蕉・清風歴史資料館
(尾花沢市)
常設展、特別展のほか、講演会やギャラリートークなども開催。 0237-22-0104

置賜エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
米沢市上杉博物館
(米沢市)
上杉氏ゆかりの城下町・米沢の歴史に触れることができ、数千に及ぶ上杉氏ゆかりの貴重な品々や国宝が収蔵されている。 0238-26-8000

2015.11.13:[やまがたへの旅|おすすめ観光情報]
観光情報の検索

合計107,542,421件 今日37,774件 昨日990件