記事詳細ページ

やまがたの織物

米沢織青苧織長井紬白鷹紬絨毯新庄亀綾織鶴岡シルク 羽越しな布

 

 温海地区の雪深い山間集落・ 関川では、古くからどの家庭で もしな織が行われてきました。 起源は定かでないものの、沖縄 の芭蕉布、静岡の葛布と共に「 三大古代織」に数えられていま す。
詳細はこちらから
 日本の最北限の絹産地。
蚕種にはじまり絹織物の製品化まで一貫した工程がこの地に集約されています。モノづくりへのこだわりで鶴岡シルクを創り続け【kibiso】としてブランドデビューさせました。
詳細はこちらから
 藩政時代戸沢藩の特産品として奨励したことに始まり、しっとりとした風合いと気品ある光沢が特徴です。
詳細はこちらから
 昭和10年に中国から技術者が招かれ技術導入が行われたのに始まり、昭和21年にオリエンタルカーペット(株)が設立されました。手織り絨毯の技法による立毛織は繊細な質感を表現しています。
詳細はこちらから
 約300年前、上杉鷹山公によって地場産業として定着しました。板締めによる絣の染付とひと幅に300もの亀甲・十文字などわずか数ミリの小さな模様を複雑にからませながら絵柄を形成するのが特徴です。
詳細はこちらから
 長井は昔から養蚕が盛んであり、長井紬として誕生したのは安永5年(1776年)でした。長井紬の特徴は絣糸を一本一本柄合わせ織られ、細かな心配りが豊かな風合いを醸しだしています。
詳細はこちらから
 戦国時代、上杉家の監督の下で栽培され高級品として重宝された「青苧」。しかし上杉家が米沢に転封後、興隆に影が差し時代の変化と共に忘れ去られていきましたが、南陽市の染織作家によって現代に甦りました。
詳細はこちらから
 歴史は古く200年以上前、上杉鷹山公が本格的な産業として開発したのが始まりとされています。現在でも、伝統的な手織機を使った紅花染や紫根染などの草木染も生産されています。
詳細はこちらから
 

 

 (山形県庁ホームページ)

 

 

2014.11.20:[やまがたへの旅|おすすめ観光情報]
観光情報の検索

合計116,116,795件 今日25,227件 昨日107,258件