記事詳細ページ

上杉博物館 開館15周年記念「上杉鷹山展」開催!

上杉博物館 開館15周年記念「上杉鷹山展」開催!:画像

- PDFファイル [yozanchirashi.pdf]

開館15周年記念コレクション展
「上杉鷹山と学びの時代」

期間  
12月10日(土)〜2月12日(日)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
    12月26日(月)〜31日(土)は休館
1月1日(日)〜3日(火)は開館いたします。

 米沢藩第9代藩主上杉鷹山は、江戸時代中期、困窮していた
米沢藩の改革にあたった人物として有名です。
 本展覧会では、鷹山の事績と江戸時代中〜後期の米沢に
ついて「学び」をキーワードに紹介します。
 鷹山は複数の師から教えを受け、読書によって知識を得るなど、
生涯を通じて領主としての人格形成に努め、隠居後は上杉家の
人々の教育にも力を注ぎました。
 一方、藩校・興譲館や留学制度、他地域からの技術導入、
武芸や文芸の習得など、豊かな国を目指して藩士や領民も学ぶ
ことにより、改革が進められました。
 改革が一定の成果をあげるなか、鷹山の業績や言動は、
書籍や儒学者によって全国に広まり、各地からの視察も相次ぐなど、
学ぶ対象となっていきました。
 鷹山の事績を学ぶ対象とすることは、時代に応じてテーマを
変えつつ、現代まで続いています。
 このような動向について、当館所蔵の国宝「上杉家文書」や
藩士の家に伝わった新収蔵品、本年7月に開館した新図書館
(ナセBA)所蔵資料を中心に展示します。

2016.12.28:[市町村ニュース]

チラシ裏面

チラシ裏面:画像

2016.12.28 19:19:[staff]:編集削除

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
観光情報の検索

合計106,051,503件 今日29,238件 昨日54,361件