記事詳細ページ

【#1192】郷土の味をめぐる旅〜新庄市(12月4週)

【#1192】郷土の味をめぐる旅〜新庄市(12月4週):画像



東京駅から山形新幹線でおよそおよそ3時間半で終点の新庄駅に到着。
新庄市は山形県の北部、最上地方の中心都市です。

番組動画配信中!


愛を「とりもつラーメン」
あっさりめの醤油ベースのラーメンに、よく煮込んだ「とりもつ」が入った新庄市の名物ラーメンです。
新庄市周辺では古くからとりもつを食べる習慣があり、常連客がラーメンととりもつを同時に注文し食べたところ
その美味しさに気づいたことが誕生のきっかけとも言われています。
電話:0233-22-8133(一茶庵分店)
HP:新庄市HP内




山形さくらんぼ鶏
「山形さくらんぼ鶏」は最上地域で育てられている鶏で、山形の名産、さくらんぼの果汁を飼料に加えていることから
その名が付けられました。今年9月に新庄駅前にオープンしたのが直営店の「鶏や」。精肉はもちろん、加工された鶏肉を
販売しており、夕方からはちょっとした立ち飲みやとして、山形さくらんぼ鶏を味わうことが出来ます。
電話:0233-32-0531(山形さくらんぼ鶏 鶏や)
HP:山形さくらんぼ鶏 鶏や





新庄まつり
毎年8月に開かれる新庄まつりは、このほどユネスコ無形文化遺産に新たに登録されました。
260年ほど前の江戸中期から続く伝統の新庄まつり。歴史絵巻などを再現した20もの豪華絢爛な山車やお囃子が町を練り歩き
その華やかさと迫力を競い合うまつりで、日本一の山車行列とも呼ばれています。
電話:0233-22-6855(新庄まつり実行委員会)
HP:新庄まつり公式HP






新庄ふるさと歴史センター
その新庄まつりで実際に使われた山車を一年を通してみることができる場所です。
その年のまつりで優秀山車に選ばれた2台の山車が常設で展示され、間近で見ることができます。
電話:0233-22-2188(新庄ふるさと歴史センター)
HP:新庄市HP内




割烹とりや
四季折々の地元の食材を使った郷土料理を楽しむことができるお店です。お店で頂くことが出来る冬の料理が
新庄名物の納豆汁。最上地域ではお正月やお祝いのときなどにも作られる郷土料理。すりつぶした納豆を味噌汁に入れて
食べるもので、豆腐や油揚げ、山菜など具沢山であたたまる一品です。
電話:0233-22-1420(割烹とりや)
HP:やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト内






次回は…


最上峡が旅の舞台!
どうぞお楽しみに

やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken

2016.12.12:[山形発旅の見聞録バックナンバー]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
観光情報の検索

合計125,141,083件 今日13,080件 昨日97,603件