記事詳細ページ

【#1234】あったか山形 〜米沢市・川西町・飯豊町(12月1週)

【#1234】あったか山形 〜米沢市・川西町・飯豊町(12月1週):画像



今回は山形のあったかい名物を求めて、南部の置賜地方を旅しました。


番組動画配信中!





米沢ラーメン
米沢牛で知られる米沢市はラーメンのまちでもあり、市内には100軒を超えるラーメン屋さんがあります。
名物は米沢ラーメンと呼ばれるご当地ラーメン。醤油味のスープと手もみの細打ち縮れ麺という昔ながらの
中華そばです。こちらは昭和44年創業という地元の人に愛されているラーメン屋さんです。
電話:0238-23-0376(桂町さっぽろ)
HP: 米沢麺業組合HP内





旬菜料理「あっさり」
米沢市の隣り、川西町にある老舗の食堂。名物は米沢牛の牛すじ煮込み。
100年以上受け継がれてきた醤油ベースの秘伝のタレを使った牛すじ煮込みはご飯にピッタリ!
昭和の時代は仕事帰りに牛すじ煮込みとコップ酒というのがサラリーマンのお決まりだった
そうです。JR米坂線の羽前小松駅のすぐ前にお店はあります。
電話:0238-42-3254(旬菜料理「あっさり」)
HP: 旬菜料理「あっさり」




がまの湯温泉 いいで旅館
JR米沢駅から車で30分、自然豊かな飯豊町にある温泉旅館。「がま」とはカエルのことでその昔、
傷ついたカエルがその温泉で傷を癒したという言い伝えからその名が付いたそうです。
お湯は源泉掛け流しで、肌にやさしく湯冷めしにくいと言われています。日帰り入浴もできます。
電話:0238-72-3706(がまの湯温泉 いいで旅館)
HP: がまの湯温泉 いいで旅館HP




がまのどぶろく
がまの湯温泉がある飯豊町は平成16年に「どぶろく特区」の認定を受け、これからの時期には新酒のどぶろく
を味わうことができます。がまのどぶろくは、温泉旅館で所有している田んぼで育った酒米を使用し、
無添加、無濾過で作られているどぶろくです。
通常の白いどぶろくと紅麹を使用した紅いどぶろくの2種類があります。
電話:0238-72-3706(がまの湯温泉 いいで旅館)
HP: がまの湯温泉 いいで旅館HP内









次回は・・・


山形県の北部、尾花沢市の銀山温泉を旅します。
大正時代のノスタルジックな温泉街をその時代の衣装に着替えて巡ります。
どうぞお楽しみに



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken

2017.11.23:[山形発旅の見聞録]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
観光情報の検索

合計132,346,491件 今日15,275件 昨日61,232件