記事詳細ページ

上杉博物館特別展「上杉家 葵の姫のものがたり」

上杉博物館特別展「上杉家 葵の姫のものがたり」:画像

- PDFファイル [chirashi[1].pdf]

上杉博物館特別展「上杉家 葵の姫のものがたり」
―徳川家三姉妹の守刀―

会 期:2019年4月20日(土)〜6月9日(日)
休館日:5月22日(水)
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料 金:一般620円(490円)
    高大生400円(320円)
    小中生250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金

 江戸時代の米沢藩主上杉家の縁組および華族となった近代上杉家の
婚姻を紹介します。
 米沢藩主から華族制度がなくなるまでの上杉家当主は15人、
正室は武田・四辻・鍋島・保科・紀州徳川・黒田・山内・尾州徳川
・浅野・讃岐松平・細川・高須松平・大給松平・鷹司・徳川宗家
などから迎えました。
 同じ家から何代かに渉る婚姻や正室の死去に伴って複数の夫人が
いる方もあります。
 上杉家16代当主上杉隆憲夫人敏子は、徳川宗家徳川家正の二女
でした。
 上杉家に嫁ぐ際、守刀として「短刀 銘 国光」を贈られました。
 このたびの展覧会では、「葵の姫」であった徳川家出身の女性を
中心に紹介します。
 敏子の長姉豊子は会津松平家に、妹順子は高遠保科家に嫁ぐ際、
同じように守刀を持参しました。
 徳川宗家に生まれた三姉妹の一堂に会した守刀や古写真などで、
近代華族の婚礼を知る機会とします。
 婚姻の意図や婚姻がもたらしたもの、また嫁いだ姫の生涯も謎に
満ちていますが、華麗な婚礼調度や資料の数々に姫君の物語を紡い
でいきます。
 

■講演会「尾張徳川家の姫と婚礼調度」
 
 5月11日(土)14:00〜16:00
 吉川美穂 氏(徳川美術館マネージャー学芸員)
 伝国の杜2階大会議室にて、聴講無料、定員 先着120名

■トークイベント「葵の姫のものがたりと上杉家」

 5月19日(日)14:00〜15:00 
 伝国の杜エントランスにて、聴講無料、定員 先着200名
 登壇者:前田利祐・萬理子御夫妻、松平頼武・豊子御夫妻、
     徳川恒孝・幸子御夫妻、松平宗紀・智子御夫妻、
     保科正興・雅子御夫妻、上杉邦憲・紀美子御夫妻、
     鷹司尚武・久美子御夫妻、大坪喜美雄・和子御夫妻(順不同)

■ギャラリートーク(展示資料解説)
  4月20日(土)14:00〜「上杉家の婚姻」
  4月27日(土)14:00〜「葵の姫-江戸時代-」
  6月 1日(土)14:00〜「葵の姫-近代-」
    担当学芸員:角屋由美子
 ※企画展示室にて、要特別展入館料  

2019.04.06:[市町村ニュース]

チラシ裏面

チラシ裏面:画像

2019.04.06 20:00:[staff]:編集削除

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/管理者の承認後に公開
観光情報の検索

合計172,935,858件 今日49,310件 昨日110,853件