記事詳細ページ

【#1251】美食「湯田川孟宗」〜鶴岡市(5月2週)

【#1251】美食「湯田川孟宗」〜鶴岡市(5月2週):画像



今回の旅の舞台は山形県の庄内地方、鶴岡市湯田川。湯田川は風情ある温泉地であり、孟宗の産地です。
春のこの時期にしか味わえない湯田川孟宗を満喫しました!



番組動画配信中!









湯田川温泉
湯田川温泉は開湯1300年の歴史がある山形でも指折りの名湯です。かつて庄内藩主の湯治場として栄え、
今も風情ある温泉宿が立ち並びます。
電話:0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
HP:湯田川温泉観光協会HP






湯田川孟宗
湯田川は群生孟宗竹林の最北地といわれており、ここで採れるタケノコは「湯田川孟宗」と呼ばれる
ブランド食材です。特に収穫から5時間以内のものは「朝堀り」と言い、柔らかくかめばかむほど
独特の甘みが口に広がります。この孟宗と酒粕、それと味噌を合わせた孟宗汁は鶴岡のソウルフード。
宿泊者限定で孟宗堀りの体験もできます。
電話:0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
HP:湯田川温泉観光協会HP内







湯どの庵「フクモリ」
4月にオープンしたばかりの温泉旅館のカフェ。オシャレな空間でちょっと一息するのにおすすめです。
山形のフルーツをふんだんに使ったホットケーキなどを頂くことができます。
電話:0235-35-2200(湯どの庵)
HP:湯どの庵HP








共同浴場「正面の湯」
温泉街の神社の参道の正面にあるのが「正面の湯」。天然掛け流しの硫酸塩泉で浴槽の温度は
40度から41度。源泉がすぐそばにあるため極めて純粋な天然温泉が楽しめます。
宿泊者は無料、立ち寄りの方は200円。ドアには鍵がかかっているので、近くの商店で入浴券を
買い開けてもらってください。
電話:0235-35-4111(湯田川温泉観光協会)
HP:湯田川温泉観光協会HP内








つかさや旅館
江戸時代から続く老舗の温泉宿。源泉掛け流しの湯と地元の食材を使った料理が自慢です。
宿ではこの季節、湯田川孟宗を使った様々な孟宗料理を味わうことができます。
電話:0235-35-2301(つかさや旅館)
HP:つかさや旅館HP















次回は・・・


庄内地方の酒田市と鶴岡市で観音めぐりの旅!
今しか見ることが出来ない秘仏を拝観。
どうぞお楽しみに






やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken

2018.05.01:[山形発旅の見聞録]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
観光情報の検索

合計145,203,819件 今日15,653件 昨日105,505件