記事詳細ページ

【#1263】夏の肘折温泉 〜大蔵村(8月2週)

【#1263】夏の肘折温泉 〜大蔵村(8月2週):画像



今回の旅の舞台は山形県の北部、最上地方の大蔵村。名湯「肘折温泉」を満喫しました。


番組動画配信中!







肘折温泉
山間にある肘折温泉は開湯1200年、平安時代に発見されたといわれる山形県内でも
指折りの名湯です。温泉街には旅館と土産店が密集し、今なお湯治場風情を色濃く
残す赴きある温泉地です。
電話:0233-76-2211(肘折温泉観光案内所)
HP:肘折温泉郷公式サイト







地蔵倉
温泉街からおよそ2キロ、歩いて40分ほど山を登った崖のくぼみにある景勝地で、
肘折温泉開湯伝説の地と云われています。岩肌の小さな穴にこよりを通すことができれば
願い事が叶うとされており、縁結び、そして商売繁盛の神様として多くの人が参拝に訪れます。
(※冬の間は行くことができません)
電話:0233-75-2111(大蔵村産業振興課)
HP:やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト内







カルデラ温泉館
肘折温泉街のすぐ近くにある日帰り入浴ができる人気の温泉施設です。
重曹泉で老廃物を洗い流してくれることから美肌の湯とも呼ばれ、さらには
炭酸ガス効果で血行促進などにも効果的といわれています。
電話:0233-76-2622(カルデラ温泉館)
HP:カルデラ温泉館HP







ひじおりの灯
今年で12回目を数える温泉街の夏の風物詩。山形にある芸術大学の学生や卒業生らが肘折を描いた
手作りの灯籠を制作し、およそ30点が温泉街に展示されます。期間は9月17日まで。
ひと味違った夜の温泉街を楽しむことができます。
電話:0233-76-2211(肘折温泉観光案内所)
HP:ひじおりの灯HP






つたや肘折ホテル
湯治の宿として知られる温泉宿で、館内は古き良き湯治場の温もりが感じられます。
お風呂は本館と別館合わせて4つあり、それぞれが色や入浴感が異なる自慢のお湯です。
夕食は地元の食材をふんだんに使った懐かしい古里の味が堪能できます。
電話:0233-76-2321(つたや肘折ホテル)
HP:つたや肘折ホテルHP






肘折の朝市
朝市は温泉街の名物で、100年以上前から続いています。地元のお母さんたちが持ち寄った
新鮮な野菜や手作りの漬け物などが道ばたに並び、軒先で直接売ってくれます。
期間は11月の下旬までで、毎日、朝5時半から始まります。
電話:0233-76-2211(肘折温泉観光案内所)
HP:やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト内













次回は・・・


山形県の村山地方、サクランボの里として知られる寒河江市の旅!
水上アクティビティーに名水で作った美味しいお豆腐など
寒河江の夏を満喫します!
お楽しみに



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken

2018.08.02:[山形発旅の見聞録バックナンバー]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
観光情報の検索

合計158,525,616件 今日10,928件 昨日77,617件