記事詳細ページ

【#1309】赤湯温泉まち歩き〜南陽市(8月4週)

【#1309】赤湯温泉まち歩き〜南陽市(8月4週):画像



今回の旅は引き続き置賜地方の南陽市の旅。赤湯温泉街をぶらりとめぐり、地元で愛されている
名物をいただきました。



番組動画配信中!








赤湯温泉
920年の歴史を誇る赤湯温泉は山あいにある温泉地が多い山形県内では珍しく、町の中にある温泉地。
14軒の旅館と4つの公衆浴場が点在しており、地元の人のみならず旅行客にも人気の温泉です。
電話:0238-43-3114(赤湯温泉旅館協同組合)
HP:赤湯温泉旅館協同組合HP





菓子処 六味庵(むつみあん)
赤湯温泉街から歩いて10分ほどの場所にある創業60年ほどのお店。地元産のお米や果物を使って
一つ一つ手作りしているお菓子は地元でも評判。中でも毎朝つきたてのお餅で作る塩大福は
人気の商品です。
電話:0238-43-6363(菓子処 六味庵)
HP:菓子処 六味庵HP






星精肉店
温泉街の大通りから少し入った住宅街にある精肉店。扱うお肉はすべて米沢牛!
知る人ぞ知る人気の惣菜が米沢牛コロッケ。米沢牛のひき肉だけでなく、スライスした肉が入った
肉の旨味たっぷりのコロッケです。午前中にも売り切れてしまうこともある人気の一品です。
電話:0238-43-2158(星精肉店)






佐藤ぶどう酒(金渓ワイン)
赤湯温泉街にある老舗のワイナリー。創業は1940年、すべてのワインが山形県産の原料100%使用。
ぶどうの味をダイレクトに感じられるワイン造りを心がけおり、その味は数々のコンクールでも高い
評価を得ています。ちなみに金渓ワインというネーミングはぶどう畑からかつて金が取れたことに
由来しているそうです。
電話:0238-43-2201(佐藤ぶどう酒)
HP:佐藤ぶどう酒HP













次回はアンコール放送


今年6月に放送した「農園ランチめぐり」をお送りします。



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken

2019.08.09:[山形発旅の見聞録]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
観光情報の検索

合計188,762,451件 今日4,658件 昨日88,911件