観光DB詳細(お土産・逸品)

白鷹紬 しらたかつむぎ
「北限の絣」 精緻で素朴な風合い
 約300年前、上杉鷹山公によって地場産業として定着しました。
 板締めによる絣の染付とひと幅に300もの亀甲・十文字などわずか数ミリの小さな模様を複雑にからませながら絵柄を形成するのが特徴です。
 昭和51年3月には、「置賜紬」として通産大臣指定の「伝統的工芸品」として認められました。
Information
  • 名称 白鷹紬
  • 所在地 西置賜郡白鷹町大字十王2200
  • 電話番号 0238-85-2032
  • FAX番号 0238-85-2032
  • アクセス フラワー長井線荒砥駅から車で約9分
  • お問合せ先 本場米琉織物工業協同組合(小松織物工房)
Link
【最終更新日】 2015年11月08日

合計141,946,003件 今日13,046件 昨日99,675件