観光DB詳細(観光スポット)

西ノ前遺跡公園「女神の郷」 にしのまえいせきこうえん「めがみのさと」
「縄文の女神」のモニュメントで記念写真。
縄文の女神はスタイル抜群の八頭身美人。
西ノ前遺跡は、小国川左岸の河岸段丘上にあり、平成4年6月の発掘調査で縄文時代中期(約4,500年前)の集落と判明しました。
遺跡からは竪穴式住居跡や土器・石器などが見つかっており、特に国内最大(高さ45cm)の八頭身美人土偶が発見され話題となりました。
Information
Spot List
Access Map
Link
【最終更新日】 2018年01月18日
観光スポットの検索

合計150,494,439件 今日69,139件 昨日75,015件