観光DB詳細(観光スポット)

青苧蔵門 あおそぐらもん
宮村青苧蔵は、宮村館(現在の小桜間のある場所)の東にあったもので、現在残っているのは青苧蔵門だけです。
「青苧」とは、漆とともに米沢藩の最大の産物で「からむし」とも呼ばれた衣服の繊維として栽培されていました。青苧蔵が建てられたのは、寛文3(1663)年で、西置賜の青苧は集荷された後、米沢の青苧蔵に運ばれ、そこから奈良晒(さらし)の原料として上方へ送られました。長井では中伊佐沢や白兎が主産地で、質もよく、生産量も多かったようです。この青苧蔵は明治4(1871)年に藩の廃止とともにその役目を終えました。
Information
  • 名称 青苧蔵門
  • 所在地 長井市大町4−21−12
  • 電話番号 0238-88-1831
  • FAX番号 0238-88-1812
  • アクセス 山形鉄道フラワー長井線長井駅より徒歩5分(700m)
  • お問合せ先 やまがた長井観光局
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2017年01月30日
観光スポットの検索

合計109,807,712件 今日67,095件 昨日78,387件