青巒木水居士碑

青巒木水居士碑 せいらんぼくすいこじひ
江戸時代初期の草岡村の肝煎(きもいり)青木新左衛門は、上杉藩による青苧(あおそ)新税が農民を苦しめているのをみかねて、犠牲を覚悟の上で藩主に直訴しました。しかし、当時直訴はかたく禁止されていたので捕らえられ、草岡の大土井で磔刑(たっけい)(はりつけ)になってしまいました。寛永元年(1624)12月25日、新左衛門に感謝し、心より冥福を祈ったということです。新左衛門の村の人たちへの思いや愛郷の心が強く伝わってくるようです。
Information
  • 名称 青巒木水居士碑
  • 所在地 長井市草岡3904
  • 電話番号 0238-88-1831
  • FAX番号 0238-88-1812
  • お問合せ先 (一社)やまがたアルカディア観光局
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2020年10月05日
観光スポットの検索
山形県の天気予報