1番 若松(天台宗 鈴立山 若松寺)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
1番 若松(天台宗 鈴立山 若松寺) わかまつ
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
奈良時代の高僧・行基がこの地にたどり着いたとき、山の東方から鈴の音が聞こえてきたため山上に登ったところ、光り輝く三十三観音の御影を拝したことから開山し、後に弘法大師が一千座の護摩を奉修したといわれる。

ご本尊は行基が山上の杉で刻んだ聖観世音菩薩。現在は秘仏として安置され、代わりに江戸時代に寄進された聖観音立像が出迎えてくれる。

「めでた、めでたの若松様よ…」と花笠音頭で唄われているように、縁結びの仏としても知られる。
御利益
良縁成就
心願成就
おすすめポイント
若松寺観音堂(国指定重要文化財)

金銅聖観音菩薩懸仏(国指定重要文化財)

板絵著色神馬図(国指定重要文化財)

良縁の寺・縁福大風鈴

ムカサリ絵馬

(おすすめビューポイント)
高さ6.7メートルの石鳥居をくぐり、地蔵尊や供養塔を通り、杉・ケヤキに囲まれ四季折々の歴史を感じる古参道。

御本尊
聖観世音菩薩
Information
  • 名称 1番 若松(天台宗 鈴立山 若松寺) (わかまつ)
  • 所在地 〒994-0021 天童市大字山元2205-1
  • 電話番号 023(653)4138
  • アクセス JR天童駅より
    タクシー15分
  • 駐車場 若松会館向かい、
    大型・小型とも駐車スペース有り
  • 備考 御朱印:若松寺本坊にて
Access Map

1番 若松への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月10日

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件