9番 杉沢観音(曹洞宗 金峰山 永泉寺)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
9番 杉沢観音(曹洞宗 金峰山 永泉寺) すぎさわかんのん
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
本尊は一木造りの聖観世音菩薩像。奈良時代の高僧・行基の作像。

お堂の建立は大同年間、飛騨の匠による造作と伝えられる。

嘉永年間に建立された山門には一対の赤仁王が鎮座する。掲げられたわらじは1.5〜2mもある見事なもの。
御利益
諸願成就
おすすめポイント
白鷹町の九札所中、仁王門があるのはここだけ。

山門は1848年建立。

10年に一度約2mのわらじ奉納がある。

本尊は1906年に火災で焼失し秘仏となった。昭和27年に再安置(再彫刻)。

境内には数多くの石碑・石仏があり、信仰の深さが伺われる。
御本尊
聖観世音菩薩
Information
  • 名称 9番 杉沢観音(曹洞宗 金峰山 永泉寺) (すぎさわかんのん)
  • 所在地 〒992-0841 白鷹町畔藤164付近
  • アクセス 山形鉄道フラワー長井線荒砥駅下車4km
    タクシー利用10分
  • 駐車場 駐車場なし
  • 備考 御朱印:橋本宅 白鷹町大字畔藤662-1
    0238(85)5060
    朱印所へは徒歩移動可能。
Access Map

9番 杉沢観音への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月09日

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件