14番 梅枝山・乗慶寺(曹洞宗)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
14番 梅枝山・乗慶寺(曹洞宗) じょうけいじ
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
乗慶寺は南北朝時代に余目城主の安保太郎形助氏の菩提寺として、大初継覚によって開山された。
御利益
家内安全
除災招福
おすすめポイント
老木大樹が生い茂る広さ4600屬龍内には、様々なお堂や、歴史的な碑が点在している。(以下詳細)

間口13間(24m)、奥行9間半(17m)の「大本堂」

五棟の「位牌堂」(各本尊…地蔵・観音・薬師・文殊等)

身の丈25僂量敖γ和∧が千体鎮座する「西序殿」

佐藤幸徳中将「追慕の碑」

余目城主安保家歴代供養「五輪塔」

町の文化財に指定された三間四方の釈迦大涅槃増をはじめ宝物も多い。
御本尊
如意輪観世音菩薩
Information
  • 名称 14番 梅枝山・乗慶寺(曹洞宗) (じょうけいじ)
  • 所在地 〒999-7781 庄内町余目字舘27
  • 電話番号 0234(42)3410
  • アクセス JR余目駅よりタクシー5分
  • 駐車場 大型・小型とも
    駐車スペース有り
  • 備考 御朱印:乗慶寺
Access Map

14番 梅枝山・乗慶寺への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月09日

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件