33番 庭月(天台宗 庭月山 月蔵院)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
33番 庭月(天台宗 庭月山 月蔵院) にわつき
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
近江・鯰江の城主・佐々木越前守高重が、国替えで出羽に出向し、その姓を鮭延と改め真室城に入り、守護仏の観音像を城内へ安置した。だが家臣の庭月利左衛門広綱が、広く人々の救済のためしかるべき霊地に奉安するように勧めたため、この地にお堂を建て安置し庭月観音と呼ばれるようになった。
御利益
厄除け
当病平癒
うちどめ満願の霊場
おすすめポイント
満願の巡礼者を“おかげさま門”でお迎えします。

お寺の前の鮭川では毎年8月18日灯ろう流しが開催される。

本堂前から“里の名水・やまがた百選”の庭月観音清水(にわつきかんのんのすず)が湧き出す。

出羽の国・最上十景の一つ“庭月の仲秋の名月”が名高い。

なぞの遺跡・縄文ストーンサークルが神秘的。

お寺の前の鮭川は東北一の清流と言われ、参拝者は身も心も清められる。

車で約10分走ると巨木“トトロの木”に会うことができる。
御本尊
聖観世音菩薩
Information
  • 名称 33番 庭月(天台宗 庭月山 月蔵院) (にわつき)
  • 所在地 〒999-5207 最上郡鮭川村大字庭月2829
  • 電話番号 0233(55)2343
  • アクセス JR羽前豊里駅より徒歩30分
    JR新庄駅より車20分
  • 駐車場 大型・小型とも
    入口に駐車スペース有り
  • 備考 御朱印:月蔵院本堂
Access Map

33番 庭月への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月10日

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件