普光寺の鐘

普光寺の鐘 ふこうじのかね
この梵鐘は出羽三山神社の鐘(建治元年・1275)に次ぐ県下第二の古鐘である。普光寺は酳欷鞠(1741年)に龍興寺と寺号を改めたことにより別名龍興寺の鐘とも呼ばれており、いにしえから現在の東根小学校西北にある龍興寺沼の北岸の鐘楼に安置されている。制作年代は正平11年(1356年)6月、前備前守従五位上 平朝臣長義の寄進により、大工左衛門夫景弘の作である。
鐘の高さは1mで口径は69cm7mである。乳状突起は五列五段で四方にあり、草の間には唐草模様を陽刻し池の間に銘文の蔭刻がある。銘文は四字一句である。
Information
  • 名称 普光寺の鐘
  • 所在地 東根市東根甲
  • 電話番号 0237-42-1111
  • アクセス さくらんぼ東根駅より車5分
  • 駐車場
  • お問合せ先 東根市商工観光課
  • URL http://www.city.higashine.yamagata.jp/
Spot List
Access Map
Link
【最終更新日】 2013年03月12日
観光スポットの検索
山形県の天気予報

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件