小関家屋敷

小関家屋敷 こせきけやしき
およそ、三間幅の館濠(かんごう)が旧遺構のまま明瞭に残っている唯一の中世の舘跡です。東西約80m、南北約100mもあります。現在の館堀は北側と東側が埋め立てられています。土塁は南側と西側に残っているが、削ったために、1m前後低くなっています。小関氏は永禄6年(1563)美濃国から伊達家の家臣として伊佐沢に移り、村地頭になったといわれています。最上戦争のときなどは、二百をこす兵を従え、出陣したということです。静かなたたづまいの中に、当時の土豪の力が偲ばれます。
Information
  • 名称 小関家屋敷
  • 所在地 長井市下伊佐沢
  • 電話番号 0238-88-1831
  • FAX番号 0238-88-1812
  • アクセス 長井駅より車20分
  • 駐車場
  • お問合せ先 (一社)やまがたアルカディア観光局
Spot List
Access Map
Link
【最終更新日】 2020年10月06日
観光スポットの検索
山形県の天気予報