みちのく風土記の丘資料館

みちのく風土記の丘資料館 みちのくふどきのおかしりょうかん
東北一円の懐しい農耕具、生活民具等を展示。

みちのく風土記の丘資料館
 〜 今よみがえるみちのく浪漫 〜

みちのく風土記の丘資料館は、農村や地域の古今の歴史的資料や文献、農具、民具や先人の生活にかかわる遺品、石器、縄文、弥生、稲作のおこりから、広く人々の観覧、閲読、研究に供し、歴史を尊重するためのものです。
私達の住む尾花沢の語源は、昔からオバネと呼称されておりました。それは「尾羽根」、「大羽根」とも解釈され 何千年の昔から果てしない未来まで見守りつづけ、人々の力ではどうにもならない「願い」を見とどけて、天高く舞い上がる「火の鳥」はオバネの夢と希望のシンボルとして創造したものです。

所蔵品
おくのほそ道関連資料・縄文遺跡・尾花沢開拓の歴史資料・農民具・雪国の道具・昭和初期からの玩具・その他さまざまな物との出会いと物語があります
Information
  • 名称 みちのく風土記の丘資料館
  • 所在地 尾花沢市五十沢字前森山1432-38
  • 電話番号 0237-23-3655
  • 営業時間 10:00〜17:00
  • 定休日 毎週火曜日
    12月〜3月閉館(雪の状況による)
  • 料金 大人:300円
    小人:200円
    ※20名以上団体割引

    ※【2013年03月16日】現在の情報です。
     実際と異なる場合がございますので、
     詳しくは直接お問い合わせ下さい。

  • アクセス 尾花沢バスターミナルより車で5分
  • 駐車場
  • お問合せ先 みちのく風土記の丘資料館
  • URL http://www.jan.ne.jp/~meiyu/html/siryou00.htm
  • 備考 見学要予約
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2013年03月16日
観光スポットの検索
山形県の天気予報