観光DB詳細(観光スポット)

愛宕神社の杉 あたごじんじゃのすぎ
愛宕神社への回廊を形づくっているスギ林

国道458号を鮭川方面へ進み、下西山地区入り口より上西山方面へと北へ少し進むと、左側に小さな赤い鳥居が見えてきて、その小高いところにスギの木が林立しているのが見えてきます。これらのスギは、いづれも幹周りが3〜4mほどあり、その昔、清海という修験者が京都から分祀して祭った愛宕神社への回廊を形づくっています。
神社のご神体は馬に乗った木像で、真夜中に白馬に乗り、白衣姿でおみ坂を上り下りするという言い伝えがあります。
藩政時代は武の神として新庄藩士から厚く信仰され、また地元の人からは火防の神としてあがめられています。
寛文11(1671)年、古老覚書に記されている西山の開発以前からあったと伝えられるこれらの杉の木は、下西山地区の歴史と変遷と発展を見守ってきています。
Information
  • 名称 愛宕神社の杉
  • 所在地 新庄市下西山
  • 電話番号 0233-22-2111
  • FAX番号 0233-22-0989
  • アクセス 駅より車で10分
  • 駐車場
  • お問合せ先 新庄市商工観光課
  • URL http://www.city.shinjo.yamagata.jp/
  • その他 ガイドの有無:無
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2012年09月26日
観光スポットの検索

合計118,965,401件 今日10,798件 昨日93,150件