鳥越八幡神社の夫婦杉

鳥越八幡神社の夫婦杉 とりごえはちまんじんじゃのめおとすぎ
国重要文化財「鳥越八幡神社」に佇む夫婦スギ

旧羽州街道沿鳥越地区にある国の重要文化財「鳥越八幡神社」境内に二本の巨スギが立っています。このスギは「夫婦スギ」と呼ばれているご神木です。
同社の棟札によれば、本殿は寛永15年(1638)、新庄藩祖戸沢政盛(まさもり)の養子定盛(さだもり)が造営したもので、当地方では最古の建物の一つです。また、『新庄古老覚書』によれば、同社はもと城下の北郊荒小屋村西に位置していたが、たまたま、この地で鷹狩りをしていた定盛が、この八幡の助けを借りて鷹を呼び戻すことができたので、同社を現在地に奉遷して神恩に報い、かねて城下の鎮めにしたということです。
Information
  • 名称 鳥越八幡神社の夫婦杉
  • 所在地 新庄市鳥越1224
  • 電話番号 0233-22-2111
  • FAX番号 0233-22-0989
  • アクセス 新庄駅東口から車で7分
  • 駐車場 有り
    20台
  • お問合せ先 新庄市商工観光課
  • URL http://www.city.shinjo.yamagata.jp/
  • その他 樹齢・幹回り:
    ■幹周/5.3mと3.8m
    ■樹高/35m
    ■樹齢/300年以上

Spot List
Access Map
【最終更新日】 2013年03月26日
観光スポットの検索
山形県の天気予報