(国宝)上杉本洛中洛外図屏風

(国宝)上杉本洛中洛外図屏風 こくほううえすぎぼんらくちゅうらくがいず
天正2年(1574年)に織田信長から上杉謙信へ贈られたと伝えられ、以後米沢藩上杉家に伝来したという由来を持ちます。平成7年に国宝に指定されました。 筆者は桃山時代を代表する画家・狩野永徳(かのうえいとく)です。京の都を一望し、洛中(市中)と洛外(郊外)の四季と、そこに暮らす人々の生活風俗を描き込んだものです。
Information
  • 名称 (国宝)上杉本洛中洛外図屏風
  • 所在地 米沢市丸の内1-2-1(米沢市上杉博物館)
  • 電話番号 0238-26-8001
  • FAX番号 0238-26-2660
  • 料金 ▼個人
     一般410円 高校・大学生200円 小中生100円

    ▼20名以上の団体
     一般320円 高校・大学生150円 小中生60円
  • アクセス 米沢駅よりバスで約11分、徒歩約3分。
  • 駐車場
    90台
  • お問合せ先 米沢市(米沢市上杉博物館)
  • URL http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/
  • その他 指定年月日:平7.6.15
    員数:1双
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2019年02月13日
観光スポットの検索
山形県の天気予報

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件