観光DB詳細(観光スポット)

阿弥陀如来坐像 あみだにょらいざぞう
県指定文化財
平安後期(12世紀)の作で、平安時代の坐像では県内最大のものです。頭は体の前面は作られた当初の形状をとどめています。顔立ちは、京都平等院鳳凰堂の阿弥陀如来像(定朝作)を思いおこさせます。また、一木造りで、地方仏師が定朝様式を模したと考えられています。西村山の宗教史・文化史を考える上で貴重な資料として指定されました。
Information
  • 名称 阿弥陀如来坐像
  • 所在地 山形県西村山郡大江町大字三郷丙387
  • 電話番号 0237−62−3666
  • FAX番号 0237−62−3667
  • お問合せ先 大江町教育文化課
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2015年12月01日
観光スポットの検索

合計124,859,844件 今日5,815件 昨日1,411件