観光DB詳細(観光スポット)

伊東不玉宅跡≪石碑≫ いとうふぎょくたくあと
松尾芭蕉が酒田滞在中宿泊した邸宅跡。

芭蕉は、6月13日の酒田入当日の宿泊先は明らかになっていませんが、翌14日から25日に酒田から出るまでの期間(象潟行きの3日間を除く)前後9泊は不玉宅に宿泊しています。

象潟から戻った翌日6月19日、不玉宅にて芭蕉、曽良、不玉の3人による歌仙が始まり、芭蕉は 『あつみ山や吹浦かけて夕すずみ』 の発句を詠み、不玉は 『海松(みる)かる礒(いそ)に畳む帆莚(ほろむしろ)』と返句しています。

※伊東不玉‥
名は玄順、医師名は渕庵、不玉は俳名。芭蕉来遊の折に蕉門に入門。酒田俳諧に貢献。
Information
  • 名称 伊東不玉宅跡≪石碑≫
  • 所在地 酒田市中町1-11-4 (旧佐藤歯科医院駐車場内)
  • 電話番号 0234-26-5759
  • お問合せ先 酒田市観光振興課
  • その他 昭和35年(1960)酒田観光物産協会建立
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2016年11月10日
観光スポットの検索

合計119,313,653件 今日90,853件 昨日208件