近江屋三郎兵衛宅跡≪標柱≫

近江屋三郎兵衛宅跡≪標柱≫ おうみやさぶろうべいたくあと
松尾芭蕉が酒田を去る前夜に開かれた納涼会の開催宅跡。

芭蕉は、酒田を去る前夜の6月23日(陽暦8月8日)、近江屋三郎兵衛宅の納涼会に招かれて、即興の句 『初真桑四にや断ン輪に切ン』 を詠んでいます。

その時書き残した芭蕉直筆の懐紙は、元は近江屋で所有していましたが、文化年中、酒田を去る時に本間家に譲り、爾来同家に保存されていました。
現在は「玉志亭唱和懐紙」として本間美術館に所蔵され、県指定有形文化財になっています。

※近江屋三郎兵衛‥
近江屋嘉右衛門を襲名する前の名、伊藤不玉の弟子
Information
  • 名称 近江屋三郎兵衛宅跡≪標柱≫
  • 所在地 酒田市中町1-13-8 (旧荘内証券前)
  • 電話番号 0234-26-5759
  • お問合せ先 酒田市交流観光課
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2018年03月27日
観光スポットの検索
山形県の天気予報

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件