勝樂寺

しょうらくじ

鶴峯のみごとな鶴の襖絵

江戸時代後期に三川町三本木で生まれた阿部鶴峯は、勝樂寺の住職、恵教に仏画を学びました。その後、京に出て当時名声の高かった岸派に学び、修業に励みました。その才能が認められ、法橋の称号を許されました。
この鶴の襖絵は鶴峯の代表作で、恩師である勝樂寺住職恵教への報恩のため、恵教の33回忌にあたり文久元年に寄進されたものです。
エリア
庄内地方
三川町
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県三川町横山横山185
アクセス
鶴岡駅よりバス20分
問い合わせ先
三川町観光協会
電話番号
0235-66-4656

周辺にあるスポット

八幡神社(三川町)
more
愛宕神社
more
いろり火の里
more
道の駅庄内みかわ 物産館マイデル
more
なの花温泉 田田
more
昔語り
more
三川町文化交流館「アトク先生の館」
more
光国山 勝伝寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第23番
more
山の神のけやき
more
清流山 洞泉寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第22番
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

みかわ・あったか冬まつり
more
ページトップへ