時沢の地蔵尊

じぞうそん

立沼堀、時沢橋のところに建立されている。本尊は、1m40㎝の立像で夜泣き地蔵として古くから信仰されてきた。明治39年(1906)の決議録に地蔵講が記載されているが、資料が乏しく不祥な点がある。尊い信仰は近在近郷にとどまらず、遠くは関東方面からの参詣もある。帽子、よだれかけなどの奉納も数多く、信仰の深さが伺える。入口には石經法華塔(せっきょうほっけとう)、奉西青金剛供養塔元文(げんぶん)五庚申(かのえさる)年(1740)、六面幢(凝灰岩製、地上164㎝)などが建立されている。

基本情報

住所
山形県高畠町大字時沢
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

野手倉の稲荷神社
more
安然大師参道の古井戸
more
熊沢醤油店
more
木村醤油店
more
時沢観光ぶどう園
more
火箱岩洞窟
more
漆山果樹園
more
大師森石窟石棺
more
野手倉の六面憧
more
一の沢洞窟
more
ページトップへ