大笹生の旧道

おおざそうのきゅうどう

その昔、村道としてつくられたものと思われるが、荷車の時代からリヤカーとなり、それ以上の巾のある車などは無理だが、生活道路として大いに利用されたものと考えられている。工藤家の石垣は旧道に則し時代を感じさせる。石材は大笹生石であり、石工は日向の故原田弁蔵氏と聞く。当時は板塀であったが、その後、台座となっている3、4段を石積みされていた。年代不明なるも、風通しをして見栄え良く積まれた3段は明治20年(1887)頃とされている。まさしく重みを感じさせる風情である。

基本情報

住所
山形県高畠町大字竹森大笹生
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

大笹生の清水
more
火の見番所(大笹生)
more
大立洞窟
more
日向洞窟
more
野手倉の六面憧
more
細越の道標
more
漆山果樹園
more
瑞岩寺
more
羽山古墳
more
時沢観光ぶどう園
more
ページトップへ