宇賀神社

うがじんじゃ

祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)の御子・宇迦御魂之命(うかのみたまのみこと)(食物の神、稲の精霊、稲荷と同じ)。
創建は明らかではないが、寛政年間(1789~1801)に流れ六部(諸国行脚(あんぎゃ)の僧)宥全の進めを容れ真東の東光地山の山頂(細越羽黒山神社もこの地より移し元羽黒と称す)より集落内に移し、照明院(亀岡文殊大聖寺の末坊か)をして祀らしむとある。
その後、嘉永年間(1848~1854)及び公民館移転に伴う平成13年度に移築改修がなされた。地元では、弁天様の名で親しまれているが、宇賀神(うがじん)(弁財天の宝冠の中の白蛇=水の神)との混祀・混同がみられる。天保以降の記録によると河合家が別当を努めていた。
エリア
置賜地方
高畠町
カテゴリー
歴史・文化
神社

基本情報

住所
山形県高畠町大字竹森山越
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

瑞岩寺
more
竹森のアベマキ
more
薬師堂(竹中)の湯殿山碑
more
竹中の薬師堂
more
細越の道標
more
相森山
more
招魂碑
more
川の清水
more
雪害記念碑
more
山形交通高畠電鉄竹森駅ホーム跡
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

黒滝(山形市)
more
ページトップへ