深上の馬頭観世音

ばとうかんぜおん

馬頭観音は馬頭大士馬頭明王といい無量寿の化身であるといわれている。馬頭観音は、三面八腎(さんめんはっぴ)で頭上には馬の頭を置き、怨念の形相をしている。馬頭を頂くのは菩薩が四魔を擢伏(ようふく)する大精進の天輪聖王の宝馬の如く表わすという。また、無明の諸障を食する意味だとも説かれている。六道の中畜生道を教化する観音であるという。屋代地区内にも10数基あると思われるが、観音信仰の厚さを物語っている。写真のものは昭和八年一月十一日吉日と刻まれている。
地区内にある古いものでは、寛永2年(1625)細越、天保15年(1844)細越、嘉永元年(1848)野手倉、嘉永2年(1849)相森、安政6年(1859)細越などがある。

基本情報

住所
山形県高畠町大字深沼深上
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

一本柳深沼街道寵殿型双立板碑
more
新堀揚水記念碑
more
木村果樹園
more
雪害記念碑
more
山形交通高畠電鉄竹森駅ホーム跡
more
ゆうきの里さんさん
more
大浦りんご園
more
薬師堂(竹中)の湯殿山碑
more
竹中の薬師堂
more
竹森のアベマキ
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

不動明王 福王寺
more
ページトップへ