夕づるの里資料館

ゆうづるのさとしりょうかん

山形県南陽市の西部、漆山地区を流れる織機(おりはた)川のそばに、古くから民話「鶴の恩返し」を開山縁起として伝承している鶴布山珍蔵寺があります。この地区には、鶴巻田や羽付といった鶴の恩返しを思い起こさせる地名が残り、明治時代には製糸の町として栄えました。地域に口伝えで残されてきた鶴の恩返しをはじめとする多くの民話を、これからも伝えていくために夕鶴の里資料館、語り部の館がつくられました。

基本情報

住所
山形県南陽市漆山2025-2
営業時間
午前9:00~午後4:30
休業日
毎週月曜日(祝日の場合は開館)
年末年始(12月29日~1月3日)
料金
<個人>
おとな:320円
小中学生:100円
<団体(15人以上)>
おとな:270円
小中学生:50円
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
夕づるの里記念館
電話番号
0238-47-5800

周辺にあるスポット

夕鶴の里資料館
more
滝沢さくらんぼ園
more
正慶二年阿弥陀板碑
more
二瓶農園
more
二瓶農園
more
(マル二)佐藤さくらんぼ園
more
鶴布山 珍蔵寺(曹洞宗 )/ 置賜三十三観音 第18番 新山観音
more
漆山新山
more
加藤さくらんぼ園
more
須藤さくらんぼ園
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

ZAOセンタープラザ
more
熊野大社
more
ページトップへ