新堀揚水記念碑

しんぼりようすいきねんひ

新堀の上に立つ揚水記念碑は、大正8年春糠野目村有志相謀(あいつの)り松川より電力揚水をすべく同年8月、耕地整理組合を組織した。県の指導を得て推進を図るべく、黒井堰水利組合においても補水計画を立てた。更に、一本柳二の堰耕地においても干害からの苦労を脱する好機として、三者ともに会議を得て同年10月に起工、翌年6月竣工、第1区として発足する。その後も水利の便を図るべく昭和2年春より議を推進し、同年10月起工し翌年6月竣工第3区として発足する。23区併せて200町歩に及ぶ干害に遭うも昔日の苦難なく慶福(けいふく)をもって先学諸氏の景仰(けいこう)する所となる。昭和26年建立、完戸一郎書である。天額に揚水記念碑と刻され当時の農林水産大臣 根本龍太郎と記されている。

基本情報

住所
山形県高畠町大字一本柳東本町
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

一本柳深沼街道寵殿型双立板碑
more
深上の馬頭観世音
more
木村果樹園
more
雪害記念碑
more
山形交通高畠電鉄竹森駅ホーム跡
more
薬師堂(竹中)の湯殿山碑
more
竹中の薬師堂
more
竹森のアベマキ
more
ゆうきの里さんさん
more
大浦りんご園
more
ページトップへ