契約壇の石塔

けいやくだんのせきとう

永正6年(1051)奥州出羽の領主安倍頼時朝廷の北進に反抗したため、鎮守府将軍八幡太郎義家父子(ちんじゅふしょうぐんはちまんたろうよしいえふし)により鎮圧された(前九年の役)安部一族の渡会弥三郎明宣(あきのぶ)は平方城に居城していたが、落城のため弥三郎は生き残った武士達と御家再興(おいえさいこう)を祈願したが、後に弥三郎病死のためその夢破れ60余名の家来武士たちは、主君の墓前にて自害した。この場所が契約壇である。爾来無縁仏(じらいむえんぼとけ)となっており霊魂成仏(れいこんじょうぶつ)できるよう壱塔を建立したものである。

基本情報

住所
山形県高畠町大字一本柳舘ノ内
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

舘ノ内の神明神社
more
学翁景敏碑
more
安部農園
more
鈴木農園(南陽市)
more
義民高梨利右衛門酬恩碑
more
高畑城跡
more
亀岡駐輦碑
more
伊達家の墳墓(資福寺跡)
more
平方城跡に残る石の祠
more
西本町の神明神社
more
ページトップへ