光明寺跡

こうみょうじあと

相森山の北側に森添(もりぞえ)の地名があり、光明寺というお寺があった。真言宗智山派(しんこんしゅうちざんは)で慶応元年(1865)12月法性院雄山上人(ほうしょういんゆうざんしょうにん)の創建にして、堂宇は縦6間、横4間、境内38坪、本尊は大日如来(だいにちにょらい)を安置し、当時信徒は17戸であった。正一位三吉稲荷の別当として有名であった。大正年間廃絶、その後も稲荷神社の別当として繁栄したが、昭和12年焼失し、今はその跡を絶ち、石碑などの破片だけが面影を留めている。

基本情報

住所
山形県高畠町大字一本柳三条目
問い合わせ先
屋代地区公民館
電話番号
0238-52-0069
FAX番号
0238-52-0069

周辺にあるスポット

飯綱権現
more
柏木大明神
more
正一位樋口稲荷神社
more
舘ノ内の馬頭観世音
more
完戸一郎先生日本一の歌碑
more
ひろすけ先生の歌碑
more
熊坂地蔵尊
more
熊坂疎水之碑
more
奉安庫
more
不伐の森
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

亀岡文殊堂
more
芭蕉句碑 「春の夜は桜にあけてしまひけり」
more
ページトップへ