瑞岩寺

ずいがんじ

この地屈指の規模と荘厳さを誇る本堂

根岸地区の曹洞宗の寺院。
後村上天皇の正平18年癸卯、羽州の住人佐藤正信五世の孫、土豪根岸彦九郎義信がその子春伊の娘が18歳で死んだのを悲しみ、その菩提を弔わんがために一寺を建立した。
南北朝時代、貞治2年(1363)、創建の寺院。
往古は壮大な堂宇を誇っていたが、寛文9年8月(1669)、火災に遭い多くを焼失したが、開山月泉良印禅師の真筆軸を始め、縁起一巻、亀椀、龍の鱗、天狗爪など同寺の栄光の歴史をしのばせる品々が残っている。
その後、安永年中に至って現在の本堂、山門を再建したが、今も規模、格式においてこの地きっての大伽藍と称されている。
エリア
置賜地方
高畠町
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県高畠町根岸587
アクセス
高畠駅より車10分
駐車場
問い合わせ先
瑞岩寺
電話番号
0238-52-3227

周辺にあるスポット

宇賀神社
more
細越の道標
more
相森山
more
招魂碑
more
川の清水
more
竹森のアベマキ
more
薬師堂(竹中)の湯殿山碑
more
竹中の薬師堂
more
雪害記念碑
more
山形交通高畠電鉄竹森駅ホーム跡
more
ページトップへ