薬師寺(尾花沢市)

やくしじ

薬師寺の創建は大治5年(1130)に開いたのが始まりとされ、後に開発された延沢銀山との関係が深かったとされます。当初は天台宗で薬師堂と称していましたが、文禄2年(1593)暗室関牛大和尚によって曹洞宗の寺院として改宗開山しています。本尊の薬師尿来立像は鎌倉時代中期のに彫り込まれた木彫一本木造で尾花沢指定有形文化財に指定されています。又、境内には元々銀山温泉付近にあった最上 三十三観音霊場第二十四番札所だった上ノ畑観音堂(本尊:聖観世音-慈覚大師の作伝)が移されています。正面の山門は楼門形式、三間一戸、入母屋、金属板葺きの建物で威容を誇っています。


エリア
尾花沢市
村山地方
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県尾花沢市大字上柳渡戸207
電話番号
0237-28-2437

周辺にあるスポット

上ノ畑観音
more
宝沢山 薬師寺(曹洞宗)/ 最上三十三観音 第24番 上ノ畑観音
more
兵沢
more
銀山温泉「大正ろまん館」
more
こけし絵付け/尾花沢市
more
上の畑焼陶芸絵付け教室/尾花沢市
more
ブナ共生の森
more
銀山ダム
more
旅籠いとうや
more
そば処 鶴子
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

蟠龍の松
more
川西町営小松スキー場
more
ページトップへ